日産リーフがパイクスピークを激走。サムライスピードと大井貴之選手の活躍に注目!

■富士山より高いゴールを目指す過酷なヒルクライム!

サムライスピードのリーフがパイクスピーク参戦
サムライ スピードの日産リーフe+

アメリカ中央部のコロラド州で毎年行われている「パイクスピーク インターナショナル ヒルクライム(PPIHC)」。パイクスピーク山の中腹からスタートし、標高4301mの頂上めがけて、およそ20kmのワインディングを全開で駆け上がる世界屈指のヒルクライム・イベントです。

サムライスピードのリーフがパイクスピーク参戦
前後にモーターを積む4WD仕様です

今年は6月27日(日)が決勝日となるこのイベントに、日本のエクストリームモータースポーツチーム「サムライ スピード」が参戦します。

毎年EVによるパイクス挑戦を続けてきた同チーム。昨年はコロナの影響でやむなく参戦を断念しましたが、今年は改造制限なしの「アンリミテッドクラス」に日産リーフe+を持ち込み、優勝を狙います。

サムライスピードのリーフがパイクスピーク参戦
現地での車検の様子
サムライスピードのリーフがパイクスピーク参戦
こちらも車検風景。リアのモーターがちょっと見えます

もちろん、アンリミテッドクラスの参戦マシンですからただのリーフではありません。過酷なアタックに向けたさまざまなチューニングが施されています。たとえば駆動系は、350V/62kWhというバッテリーはそのままに、リアにモーターを追加したツインモーター4WD仕様へ変更。急激な放電によるバッテリーの発熱に対応するべく、パートナー企業サンデン・アドバンストテクノロジーが開発した専用のバッテリーサーマルマネジメントシステムも搭載しているそうです。

サムライスピードのリーフがパイクスピーク参戦
前後ドアやルーフは次世代素材といわれるカーボンセルロースナノファイバー

4WD化にも関わらず、車重は1628kgと市販車両と同程度を実現。これに貢献したのが、大王製紙が開発したセルロースナノファイバー(CNF)製ボディパネルです。CNFは植物由来で、軽量、高強度、高弾性率を誇る次世代の素材ですが、サムライ スピード リーフはこれをルーフや前後ドア、ドアミラーなどに使用して、劇的な軽量化を達成したのです。

サムライスピードのリーフがパイクスピーク参戦
大井貴之選手。クリッカーでもおなじみですね

このマシンをドライブするのは、クリッカーでもおなじみのレーシングYouTubeR大井貴之選手。もともとはラリーストの奴田原文雄選手(2012年PPIHC電動車部門チャンピオン)が決定していたのですが、地元北海道で開かれる「ラリー・カムイ」参戦のため大井選手が交代することに。とはいえターマックの走りでは大井選手も負けていませんから、結果が楽しみですね。アメリカ入国時にコロナワクチンも接種して、張り切っているようです。

スタートとゴールの標高差1439m。「スタートは半そでTシャツ、ゴール地点は雪景色」とも言われる過酷なパイクスピークの戦いに注目です。

(文:角田伸幸/写真:サムライ スピード)