メルセデス・ベンツ Cクラスにカブリオレ設定が確実に! プロトタイプを初スクープ

■市販型ではSL同様にソフトトップデザインが提供される可能性

メルセデス・ベンツは今年2月、主力モデル「Cクラス セダン/ステーションワゴン」をワールドプレミアしましたが、その派生オープンとなる「Cクラス カブリオレ」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

メルセデス・ベンツ Cクラス_007
メルセデス・ベンツ Cクラス カブリオレ 次期型プロトタイプ

Cクラスが登場した時、最新世代では「クーペ」や「コンバーチブル」の2つの2ドアモデルは設定されないのでは? と噂されていましたが、ついにプロトタイプをキャッチしました。

これにより、オープンモデル設定は確定となったほか、クーペの登場も強く示唆しているといっていいでしょう。

メルセデス・ベンツ Cクラス_010
メルセデス・ベンツ Cクラス カブリオレ 次期型プロトタイプ

ドイツ市街地で捉えたプロトタイプは、分厚いカモフラージュとクラッディングでボディの大部分を隠しており、開発初期段階を示しています。

ルーフはハードトップルーフを隠しているように見える球根状の黒いラップで覆われていますが、市販型ではSL同様にソフトトップデザインが提供される可能性が高いでしょう。

フロントエンドではダミーヘッドライトを装着、リアエンドでは暫定ユニットのテールライトが確認できますが、セダンと差別化されるデザインが採用されるか注目です。

キャビン内は、フルデジタルインストルメントクラスタ、大型インフォテイメントディスプレイなどCクラスセダンのレイアウトが反映されるはずです。

メルセデス・ベンツ Cクラス_004
メルセデス・ベンツ Cクラス カブリオレ 次期型プロトタイプ

パワートレインは、最強AMGバリアントを含むセダンとステーションワゴンで利用可能なガソリンとディーゼルエンジンをラインアップすると思われますが、最高出力169psを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッドのエントリーモデルは除外される可能性もあるといいます。

トップレスCクラス市販型のワールドプレミアは、2022年後半と予想されています。

(APOLLO)