マクラーレンが4ドアサルーンを計画中か!? 「GT44」のデザインを大予想

■マクラーレンのスタイリングDNAを継承かつ4人が快適に!

マクラーレンが計画を検討していると思われる、新型4ドアGTを大予想しました。

マクラーレン 44_010
マクラーレン 4ドアGT 「44」予想CG

現在、アストンマーティンが「DBX」、ランボルギーニが「ウルス」を導入、フェラーリでさえ「プロサングエ」プロジェクトを進行しているにも関わらず、マクラーレンはクロスオーバーSUVを断固として拒否しています。

マクラーレン 44_015
マクラーレン 4ドアGT 「44」予想CG

しかしここにきて、4ドアGTを計画している可能性があるといいます。

4ドアGTと言えば、アストンマーティンが2010年から販売する「ラピード」、2015年に限定販売された「ラゴンダタラフ」などが存在しており、マクラーレンが快適性を重視した4ドアGTを開発することは不自然ではありません。

デザイナーのアンドレー・スレミン氏が協力してくれた予想CGは「44」と命名。マクラーレンのスタイリングDNAを継承しつつ、4人を収容するのに十分な広さを備えています。

マクラーレン 44_005
マクラーレン 4ドアGT 「44」予想CG

フロントエンドは流れるようカーブと、黒いサラウンドを持つスリムなヘッドライトユニットを装備。ユニットには前輪から空気を排出するのに役立つ開口部が確認できます。サイドビューでは、流れるようなボディワークと、ハンドルレスのドアが見てとれます。

また、ルーフはガラス仕様で、リアエンドには筋肉質のフェンダー、スポーティなディフューザーが装備されています。

製作したスレミン氏は「マクラーレンのデザイン哲学に従い製作、車内で4人を圧迫することなく、アグレッシブさも融合するという課題の下、簡単なものではなかった」と語っています。

まさにそのとおり、考え抜かれたCGは、公式デザイン案の一つと思えるほど、自然で違和感のない秀作といえるでしょう。

APOLLO

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?