期間限定受注のアルファ ロメオ・ジュリアGTA/GTAmは「ザウバーエアロキット」を装着して大幅軽量化

■最高出力はジュリア・クアドリフォリオから30psアップとなる540ps

アルファ ロメオ・ジュリアは、ベーシックな2.0Lの直列4気筒ターボ搭載車でもスポーティな走りが楽しめます。さらに、2.0L V6ターボを積む「クアドリフォリオ」は、スポーツサルーンそのものといえるホットな走りを享受できます。

アルファロメオ ジュリア GTA/GTAm
アルファロメオ・ジュリアGTAのエクステリア

そのジュリア・クアドリフォリオをベースとした「ジュリア GTA」「ジュリアGTAm」が登場しました。2021年4月26日から5月9日までの期間限定で注文受付を開始しています。

ジュリアGTA/GTAmは、ジュリア・クアドリフォリオをベースとし、アルファ ロメオの歴史に名を刻んだ名車「ジュリア・スプリントGTA」に敬意を表して開発されたモデル。

アルファロメオ ジュリア GTA/GTAm
アルファロメオ・ジュリア GTAmのリヤビュー

1965年に発表されたジュリア・スプリントGTAは、ボディにアルミニウムなどを使い、ベース車に対して大幅に軽量化され、エンジン出力も高められるなど、性能が大幅に向上。その結果、世界各地のレースイベントで数百の勝利を挙げ、伝説的なモデルになっています。

GTAとは「Gran Turismo Alleggerita(グランツーリスモ・アレッジェリータ)の頭文字を取ったもので、アレッジェリータは、イタリア語で軽量化を意味するそう。

また、GTAmの「m」は、「モディファイド」の意味で、2シーター化とロールバーの装着によりサーキット走行における特性を高めつつ、公道走行も可能なモデルになっています。

アルファロメオ ジュリア GTA/GTAm
GTAmの専用エンブレム

今回、大幅な軽量化にあたってジュリアGTA/GTAmは、カーボンファイバー製のボンネットやルーフをはじめ、フロントバンパーやフロントフェンダー、ルーフ、リヤディフューザーにもカーボンが使われています。さらに、ジュリアGTAmでは、モータースポーツの世界から生まれたポリカーボネート樹脂素材のウィンドウがサイドとリヤに配置され、それぞれベース車に対してGTAは約50kg、GTAmは約100kgの軽量化を実現したとしています。

エアロダイナミクスに関しては、F1でアルファロメオとタッグを組むザウバーエンジニアリングのノウハウが注入されています。ザウバーが開発したカーボンファイバー製のサイドスカートやリヤスポイラーからなる「ザウバーエアロキット」が装備され、軽量化と共にエアロダイナミクスの最適化が図られています。

足元には、レースで使われるセンターロック方式の20インチアルミホイールやカーボンセラミックブレーキディスクが搭載されるなど、モータースポーツ由来の最先端技術が投入されています。

アルファロメオ ジュリア GTA/GTAm
ジュリアGTAmのエクステリア

「ジュリアGTAm」には、専用カーボンフロントスプリッターやポリカーボネート製のブラックリアウインドウ、大型カーボンリヤスポイラーも備わります。また、ジュリアGTA/GTAm共に、高速走行時の車体の安定性を高めるためのワイドトレッド化に伴い、フロントおよびリヤが50mmワイドになっています。

サスペンションには、専用のスプリングやショックアブソーバー、ブッシュが採用され、車高もベース車より低められています。

インテリアは、ジュリアGTAは基本的にジュリア・クアドリフォリオに準じています。ダッシュボード、ヘッドライナー、ドアパネル、アームレストにアルカンターラが配されていて、スポーティな雰囲気と共に高いクオリティが享受できます。シートは「GTA」ロゴ入りスパルコ製スポーツシートが備わります。

一方、ジュリアGTAmは、リヤシートが取り払われ、ボディ剛性を向上させるロールバーを備えるなど、サーキット走行に主眼をおいた仕様に変更。そのほか、アルカンターラの使用部位が拡大され、サーキット走行にも応える高いホールド性と軽量化を両立したカーボン一体成形のサベルト製スポーツシート、6点式シートベルトが用意されています。

アルファロメオ ジュリア GTA/GTAm
アルファロメオ・ジュリアGTAのエクステリア

エンジンは2.9LのV6ツインターボが搭載され、最高出力はジュリア・クアドリフォリオ比で30ps増となる540psに引き上げられています。その結果、GTAmではパワーウェイトレシオは2.81kg/psとなり、スーパースポーツと呼ぶに相応しいパフォーマンスを獲得しています。

ジュリアGTA/GTAm共に、新設計のチタニウムを使用したアクラポヴィッチ社製エキゾーストシステムが搭載され、官能的なサウンドが楽しめます。

ほかにも、特別な軽量グランツーリズモのフロントとリヤには通常とは異なり黒一色の特別なアルファロメオエンブレム、また、クアドリフォリオロゴと共に伝説の「アウトデルタ」のロゴ、110周年の記念ロゴが装着される予定となっています。

両モデルは確定注文に基づく受注生産モデルで、確定注文は正規販売店で受け付けています。オーダー受付後には、アルファロメオ公式ウェブサイトに用意されるコンフィギュレーターに基づいての仕様詳細決定と、10%の頭金の振り込みが必要になります。納車は、2021年末以降となる予定です。

アルファロメオ ジュリア GTA/GTAm
ジュリアGTAmのフロントマスク

価格は「ジュリア GTA」は2064万円、「ジュリアGTAm」は2198万円です。BMW M3やMercedes-AMG C 63 Sなど、ドイツのハイパフォーマンスモデルを超えるような強烈なパフォーマンスが期待できる期間限定車の登場です。

塚田 勝弘

『アルファロメオ』の最新記事
アルファロメオ ジュリア
アルファ ロメオ・ジュリアに619万円の限定車「2.0ターボ・ヴェローチェ・ヴィスコンティ・エディション」を設定
アルファロメオ ジュリエッタ
現行モデル最後の限定車。アルファ ロメオ「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ」が65台限定で発売
アルファロメオ 4C
アルファ ロメオが北米で「4C Spider 33 Stradale Tributo」を発表
アルファロメオ ジュリア ステルヴィオ
西島秀俊さんがアルファロメオの公式ブランドアンバサダーに起用。新型ジュリア/ステルヴィオの登場を盛り上げる
スポーツセダンのアルファロメオ・ジュリア、プレミアムSUVのステルヴィオが一部改良

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事