フロントグリルが光る!VWポロ改良新型、4月22日デビュー決定!!

■室内にはタブレットスタイルのインフォテイメントが搭載されるか注目

フォルクスワーゲン・ポロの第6世代である現行型は、2018年に発売されており、これが初の大幅改良となります。今年始めに捉えたプロトタイプでは、「ゴルフMk8」にインスパイアされた、よりスリムなLEDテールライトが明らかになっています。

VW ポロ_003
VW ポロ 改良新型 プロトタイプ

公開されたティザーイメージでは、印象的なパープルカラーで塗装。プロトタイプでは明らかにされなかったフロントグリルのLEDライトストリップ、刷新されたLEDデイタイムランニングライトを装備しているほか、ヘッドライトのコーナーには別のブーメラン型LEDモチーフも見てとれます。

VW ポロ_006
VW ポロ 改良新型 プロトタイプ

キャビン内では、先日セアト「イビザ」でデビューしたタブレットスタイルのインフォテイメントが搭載されるか注目されますが、プロトタイプからわずかに見えたという内部は、ディスプレーがダッシュボードから突き出ていないようにみえ、現行レイアウトを維持しつつ、画面を拡大する程度の可能性もあると思われます。

パワートレインは、最高出力97psを発揮する1.0リットル直列3気筒をベースに、最高出力150psを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボ、最高出力202ps、最大トルク320Nmを発揮する2.0直列4気筒がキャリーオーバーされると予想されますが、一部ユニットはマイルドハイブリッドになるでしょう。

ワールドプレミアは4月22日、「GTI」改良新型も同時公開が期待されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
テスラ モデルS_003
テスラ最強の「プレイド」、非公式ながら0-400m加速で市販車最速の世界記録更新か!?
ポルシェ カイエン_004
ポルシェ カイエン改良型、超攻撃的フロントマスクに進化か!? 秘密テスト基地で撮影成功
BMW X5M_002
BMW X5最強モデル「X5M」改良型、自立型デジタルインストルメントクラスタ採用!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事