この囲いの中に911風ギアシフターが…ポルシェ カイエン改良型、デジタル化が加速

■センターのアナログタコメーターが排除、フルデジタル化のインストルメントクラスタ搭載

ポルシェのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「カイエン」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えるとともに、その内部をカメラがはじめて捉えました。

ポルシェ カイエン_004
ポルシェ カイエン 改良型プロトタイプ

第3世代となる現行型は、2017年9月のフランクフルトモーターショーで初公開、翌2018年に発売されており、これが初の大幅改良となります。

ポルシェ カイエン_009
ポルシェ カイエン 改良型プロトタイプ

捉えたテスト車両の1台には、キャビン内に「911」新型に見られるものと非常に似たギアシフターを装備、黒いプラスチックの箱で隠されています。

センターのアナログタコメーターが排除され、フルデジタル化されたインストルメントクラスタが搭載されています。さらに新設計の衛星ナビゲーション/インフォテインメントディスプレイも確認できるほか、ヒーターコントロールの新しい配置も見てとれるなど、大きな進化がなされているようです。

エクステリアでは、新設計されたスリムなヘッドライトを搭載、コーナーエアインテークを拡大し、威圧感のある新デザインのバンパーを装備しています。ボンネットもデザイン変更されているように見えますが、カモフラージュや角度のせいの可能性あると思われます。

ポルシェ カイエン_011
ポルシェ カイエン 改良型プロトタイプ

リアエンドは現行型から変更されていないようですが、今後着手されることが濃厚で、テールライトのグラフィックがリフレッシュされるほか、ナンバープレートがテールゲートから新設計されるバンパーへ移動される可能性がありそうです。

パワートレインはキャリーオーバーされると思われますが、いくつかのエンジンの微調整が行われるかもしれません

カイエン改良型のデビューは2022年内と予想され、カイエンクーペも同様のアップデートがなされるはずです。

APOLLO

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?