三菱ミラージュの特別仕様車「BLACK Edition」は、前席シートヒーターやヒーテッドドアミラーを装備

■2トーン、モノトーンの計5パターンのボディカラーを設定

三菱ミラージュは、全長3855×全幅1665×全高1505mmとコンパクトカーの中でも小さめのサイズで、軽自動車のひとつ上といえるクラスに分類できます。最小回転半径は4.6mと小回りが利き、狭い住宅街や駐車場などでもストレスなく取り回しできるのが魅力。

三菱 ミラージュ
三菱ミラージュ「BLACK Edition」の特別仕様車

ミラージュは、日本はもちろん、タイ、欧州、米国をはじめ、世界の70ヵ国以上で販売され、累計世界販売台数は約73万台(2021年3月末時点)に達しています。

2021年4月15日、その三菱ミラージュにブラックをアクセントカラーとして使った特別仕様車の「BLACK Edition」が設定され、同日から発売されました。

三菱 ミラージュ
ブラックの15インチアルミホイールを履く

べース車は、上級グレードの「G」。ルーフとルーフスポイラー、電動格納式リモコンドアミラーがブラックマイカにペイントされ、スポーティで精悍なムードが強調されています。さらに、ブラック塗装仕上げの15インチアルミホイールが足元をグッと引き締めています。

エクステリアの装備では、ミラー面の霜や露を除去し、付着しにくくするヒーテッドドアミラーを用意。後方視界を確保することで安全性の向上に寄与します。

三菱 ミラージュ
「BLACK Edition」のインパネ

インテリアには、ブラック&レッドファブリックの専用シート生地が備わるほか、レッドステッチがシートや本革巻きステアリングホイール(メッキ&ピアノブラックアクセント)、本革巻きシフトノブ、ドアアームレストにアクセントとして施されています。これにより、スポーティなキャビンに仕上げられています。

また、インテリアの装備として、クッションとシートバックをすばやく暖める運転席、助手席シートヒーターが用意され、冬場や冷間時の快適性を高めてくれます。

設定されるボディカラーは、2トーンがホワイトダイヤモンド/ブラックマイカ(有料色5万5000円)、サンドイエローメタリック/ブラックマイカ(有料色3万3000円)、レッドメタリック/ブラックマイカ、チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカの4パターン。モノトーンはブラックマイカのみで、全5パターンのカラー展開となっています。

三菱 ミラージュ
ブラック&レッドファブリックの専用シート生地を採用する

ミラージュに搭載されるエンジンは、1.2Lの直列3気筒エンジンで、トランスミッションはCVT。駆動方式は2WDのみです。

「BLACK Edition」の価格はボディカラーがモノトーンの場合159万7200円、2トーンが161万3700円になります。なお、ミラージュには上記の装備に加えて、衝突被害軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報などの先進安全装備「e-Assist」なども標準装備されています。

塚田 勝弘

『三菱自動車』の最新記事
三菱自動車
カーデザイナーを目指す学生が提案する「三菱らしい」ライフスタイル、モビリティを企画へ
ラリーアートチューンの三菱車01
復活が発表された「ラリーアート」が手がけたギャランフォルティスやコルトの中古車は今いくらで買える?【三菱・中古車】
三菱自動車 エアトレック
三菱自動車が新型SUV・EVの「エアトレック」のデザインを公開
三菱自動車 キッザニア
三菱自動車が「キッザニア甲子園」内のパビリオンとレンタカーをリニューアル
三菱自動車 アウトランダー
三菱アウトランダーPHEVが2020年の欧州市場でプラグインハイブリッドとして2番目の販売台数を記録

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事