メルセデスAMG C43、新型モデルは電動化で最大416馬力に向上!

■V6から2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー「M1394」エンジンに置き換え

メルセデス・ベンツは、2月に主力モデル・新型「Cクラス セダン/ステーションワゴン」を発表したばかりですが、その高性能モデルとなるAMG「C43」のプロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG C43_007
メルセデス AMG C43 新型プロトタイプ

C43は、ベースモデルとハードコアモデル「C63」の間を埋めるべく誕生したパフォーマンスモデルです。

厳冬の北ヨーロッパで捉えたプロトタイプは、カモフラージュとクラッディングで覆われています。フロントのクラッディングの下には、よりアグレッシブなエアインテークやバンパー、ダミーグリルの下にはパナメリカーナグリルが隠されているはずです。

メルセデス AMG C43_011
メルセデス AMG C43 新型プロトタイプ

後部では、円形クワッドエキゾーストパイプ、足回りには大型のクロスドリルブレーキローター、あるいはカーボンセラミックローターが搭載されます。

9速AT、および全輪駆動システムと組み合わされるC43のパワートレインは、3.0リットルV型6気筒から、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー「M1394」エンジンに置き換えられます。

これにマイルドハイブリッド技術を組み合わせることにより、最高出力は現行型の385psから416ps、最大トルクは500Nmまで高められると予想されています。

マイルドハイブリッドシステムは、電動コンプレッサーとベルト駆動の電気モータージェネレーターを含む可能性があり、後者はエンジンスターターとして機能しますが、高負荷時にブーストを提供、ブレーキング時にエネルギーを回収することもできます。

メルセデスは新型Cクラスを発表したばかりのため、AMG C43のデビューは早くとも今年後半、遅れれば2022年初頭から春あたりとなりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?