しっかりタイムが出せるのに街乗りも犠牲にならない「両道仕様」のBRZ【東京オートサロン2021】

■あなたの愛車をベースに、クルマドーが同一仕様に仕上げてくれる

ワンオフのスペシャルパーツを投入しないことをポリシーとし、通勤にも難なく使えるキャパシティを持ちながらサーキットでは納得のタイムを叩き出すという、魔法のようなチューニングメニューをデモカーで体現しているのが、その名が全国区へ響く東北の有名ショップ・クルマドーカスタムファクトリーです。

3年じっくり掛け現在の仕様に到達したクルマドー山田代表
3年じっくり掛け現在の仕様に到達したクルマドー山田代表
外観は導風を多少モディファイした程度
外観は導風を多少モディファイした程度

このBRZ、ルックスは、イマドキのワイドに比べれば当然ながらおとなしめ。少しやり込んである程度の佇まいながら、筑波1分1秒930台というタイムを聞けば秘めたるポテンシャルが想像付きます。

かつ、ここ一発に特化した仕様であるわけでなく、メンテナンスに特別気を遣わなくても壊れにくく、快適装備をそのまま活かした日常使いできる仕立てというのだから二度驚きです。

タイムマシン特有のオーラはない
タイムマシン特有のオーラはない
メンテナンスノウハウも豊富。とにかく壊れない
メンテナンスノウハウも豊富。とにかく壊れない

豪放磊落な山田代表ですが、クルマ作りは非常にセンシティブ。ユーザーの再現性を第一に考えているのです。

じつはベース車は10万km超のそれなりの程度だった中古車。それがここまでのアタックマシンに変貌するのですから、真似したくならないほうが不自然ですよね。

畑澤 清志

【車輌データ】

出展者名:合同会社クルマドーカスタムファクトリー

出展車両名:クルマドーカスタムファクトリーBRZターボ

ベース車両:SUBARU BRZ/エンジン型式:FA20/排気量:1998cc/出力: 328.8ps/7180rpm/トルク:37.7kg-m/5026rpm/チューニング内容: FA20Tコンロッド流用、トラストT518Zターボキット、強化アクチュエーター、ECUTEK/装着パーツなど:トラストパワークストリームR、トラストターボキット、クルマドー純正OH、OSストリートマスター、OSスーパーロックLSD、トラストエアロキット、オリジナルアンダースポイラー&ボンネットダクト、ガレージベリーフェンダーモール&キャストカナード、ブリッドDIGO2、レアルステアリング(ブラックレザー&レッドステッチ)、トラストシリウスメーター&プロフェック、ケンウッドオーディオ、ドライカーボン内装パネル、トラストパフォーマンスダンパー(クルマドースペック)、トラストパフォーマンスダンパー、オリジナルスプリング(F9・R10+ヘルパー)、D2レーシングキャリパー(8&4POT)、クスコ補強パーツ&ブッシュ/ホイール:レイズTE37タイムアタックエディション/ホイールサイズ:18×9.5J+43/タイヤ: YOKOHAMA ADVAN A052/タイヤサイズ:265/35R18

『東京オートサロン2021』の最新記事
待望のネオバAD08R後継チラ見せに期待度MAX!  新作を先行披露、まさにYOKOHAMA夜明け前【東京オートサロン2021】
迫力のAdventureルックなのに中身はHYBRIDというRAV4のステルス仕様【東京オートサロン2021】
現行86に1JZをスワップ、執念の公認取得で完全リーガル仕様を作り上げた偉人伝【東京オートサロン2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事