待望のネオバAD08R後継チラ見せに期待度MAX!  新作を先行披露、まさにYOKOHAMA夜明け前【東京オートサロン2021】

■ネオバAD08R後継も開発順調「MAX ORIDO ADVAN SUPRA」

タイヤ&ホイールの高度なマッチングがもたらす、チューンドカーとしての佇まいの確かさをデモカーで具現化していたのが、横浜ゴムです。

マージンを確保した危なげないマッチングよりも、攻めたチューナーサイズのほうが圧倒的な迫力の差が生まれるのは言うまでもありませんが、実車のオーラはそれ以上のものがあります。

たとえ試作品でも、ファンの前に姿を見せてくれたことが喜びだ
たとえ試作品でも、ファンの前に姿を見せてくれたことが喜びだ

オリダーこと織戸学さんをアドバイザーとしてネオバAD08R後継モデルの開発も順調に進んでいるようで、スープラに試作品が履かされていました。ただしパターンはあくまで仮です。AD08R登場からほぼ10年。待ち続けているファンのボルテージは高まるばかりです。

■「ADVAN GR YARIS Tuned HKS」ロケバニの存在感に負けないGT BEYOND

GRヤリスはキャリパーの逃げを考慮されたGTビヨンドの新作18インチをインストール。

キャリパーとのキワキワのクリアランスが美しい
キャリパーとのキワキワのクリアランスが美しい

コンケイブの落とし込みの表現は、やり尽くされたと思い込んでいたデザイン手法に、まだ新しい見せ方が残っていたのかと、ADVAN Racingホイールをトータルでプロデュースする萩原 修さんの引き出しの多彩さにまたまた舌を巻かされた格好です。

■遊びゴコロを真剣に体現した「Z-Adventure」

これぞ本当の意味での「クロスオーバー」を見せてくれたのがZアドベンチャーです。

その道のエキスパート、米製キング社のダンパーを装着
その道のエキスパート、米製キング社のダンパーを装着

BAJA車両をオマージュしきちんと実走のできるナンバーも取得予定のリフトアップ仕様。今後の可能性を本気で探っていくようです。ウインチも付属し、リヤはウイングのように見えてじつは救助用のフックとなっています。

■「Porsche 911 CARRERA」へさらなるスポーツを注入

最新ポルシェ992の足元のカッコ良さを支えていたのは、欧州スーパースポーツとも極上のマッチングを見せるADVAN Sports V107。

専用サイズによる文句ナシのツラ具合
専用サイズによる文句ナシのツラ具合

ポルシェ専用サイズのADVAN Racing GTホイールとともに履いていました。

(文:畑澤 清志/写真:金子 信敏・畑澤 清志)

【車輌データ】

出展者名:横浜ゴム株式会社

出展車両名:MAX ORIDO ADVAN SUPRA/ベース車両:TOYOTA SUPRA A90/ホイール:YOKOHAMA ADVAN Racing GT/ホイールサイズ:F19×10.5J・R20×11.0J/タイヤ:ADVAN NEOVA Concept/タイヤサイズ:F275/35R19・R305/30R20/装着パーツなど:HKSマフラー、HKS Premium Body Kit(ADVANカラー)BRIDEシート、HKS HYPER MAXサスキット、PROJECT μブレーキキット

出展車両名:ADVAN GR YARIS Tuned HKS/ベース車両:TOYOTA      GR YARIS/ホイール:ADVAN Racing GT BEYOND/ホイールサイズ:18×9.5J/タイヤ:YOKOHAMA ADVAN A052/タイヤサイズ:265/35R18/装着パーツなど:PANDEM/Rocket Bunny ボディキット、BRIDEシート、ENDLESSブレーキキット

出展車両名:Z-Adventure/ベース車両:/NISSAN FAIRLADY Z(Z34)タイヤ:YOKOHAMA GEOLANDAR M/T/タイヤサイズ:F33×12.50R17・R33×12.50R17/ホイール:WORK Seeker MX/ホイールサイズ:F17×7.0J・R17x8.0J/装着パーツなど:HKS SUPER SOUND MASTERマフラー、OS技研LSD、ボディリフトアップ、オリジナルワイドフェンダー、BRIDEシート

ベース車両:Porsche 911 CARRERA(992)/ホイール:YOKOHAMA ADVAN Racing GT/ホイールサイズ:F20×8.5J・R21x11.5J/タイヤ:YOKOHAMA ADVAN Sport V107/タイヤサイズ:F245/35R20・R305/30R21

『東京オートサロン2021』の最新記事
ホンダアクセスTAS出品車
Honda eのドラッグレーサー!?N-ONEのヒルクライムマシン!?ハリボテじゃないホンダアクセス渾身のホントに走る2台!!【バーチャルオートサロン2021】
迫力のAdventureルックなのに中身はHYBRIDというRAV4のステルス仕様【東京オートサロン2021】
現行86に1JZをスワップ、執念の公認取得で完全リーガル仕様を作り上げた偉人伝【東京オートサロン2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事