その名は「とどめを刺す闘牛士」、ランボルギーニ次世代ハイパーカー「マタドール」を大予想!

■3.0リットルV型12気筒ツインターボエンジン+モーターで1,419馬力

ランボルギーニは現在「アヴェンタドール」の後継モデル、「Matador」(マタドール)を開発しているとみられますが、その予想CGを入手しました。

ランボルギーニ マタドール_003
ランボルギーニ マタドール 予想CG

CGを提供してくれたのは、デンマークのハイパーカーメーカー「Zenvo」のデザイナー兼エンジニアでもある、Frederik Steve Kristensen(フレデリック・スティープ・クリステンセン氏)です。

ランボルギーニ マタドール_004
ランボルギーニ マタドール 予想CG

ランボルギーニではカウンタック以降、すべてのモデルが非常にアグレッシブになっていますが、「とどめを刺す闘牛士」を意味するマタドールもそのデザインを継承。

フロントエンドにはスリムなヘッドライト、シャープなノーズ、攻撃的なリップスポイラーを装備しています。またサイドには切れ込んだ大口エアインテークを配置、リヤエンドにはY字LEDテールライト、エアブレーキとしても機能するアクティブリヤウィング、過激なデフューザーなどランボルギーニの要素がすべて詰め込まれています。

ランボルギーニ マタドール_011
ランボルギーニ マタドール 予想CG

パワートレインは、3.0リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載、デュアル電気モーターと組み合わされ最高出力は1,419psを発揮すると予想されています。

マタドールが実現するのは、早くとも2023年以降と思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW M2_004
いよいよニュルで最終仕上げへ! BMWの高性能2ドア・新型「M2」をキャッチ
ポルシェ 911サファリ_007
新型911のリフトアップモデルはハイブリッドモデルで登場か!?
クスドライズ_009
まるでミニブガッティ!? レバノン初のEVスポーツが約330万円で登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事