松田次生選手の練習用V35スカイラインに対抗する桑名最速決定戦マシン!?【東京オートサロン2021】

■ガレージ力 スカイラインクーペ【ガレージ力】

すでに紹介させていただいているガレージ力から出展の松田次男選手の練習用V35スカイライン。実は、この松田次男選手の練習用V35スカイラインとほぼ同じコンセプトで製作されたもう一台のV35スカイラインクーペがありました。

松田次生トレーニング用スカイライン
松田次生トレーニング用スカイライン
ガレージ力 スカイラインクーペ
ガレージ力 スカイラインクーペ

外見はブラックで遠目には同じクルマに見えてしまいますが、細部はかなり異なります。

フロントスポイラーは日産の純正オプション
フロントスポイラーは日産の純正オプション

特に目を引く違いはフロントスポイラーですが、松田次男選手の練習用が完全ノーマルに対し、ガレージ力 スカイラインクーペは日産純正オプションのスポイラーバンパーとなります。

リアスポイラーは新車装着時の純正
リアスポイラーは新車装着時の純正

また、リアスポイラーは松田次男選手の練習用がNISMO製に対してガレージ力 スカイラインクーペは新車装着時の純正となります。

ガレージ力 スカイラインクーペ
ガレージ力 スカイラインクーペ

ぶっちゃけた話で言えば、この差は中古車の購入時の仕様の差であって、タイムなどには全く影響しないとのことです。

RAYS TE37ホイールとエンドレスのキャリパー
RAYS TE37ホイールとエンドレスのキャリパー

ともに激安中古車に車検対応パーツのサスペンションとブレーキシステムの強化、マフラー変更という最小限のチューニングで、サーキットのスポーツ走行を楽しむ目的でカスタマイズされています。

ガレージ力 スカイラインクーペ
ガレージ力 スカイラインクーペ

なぜほぼ同仕様のスカイラインクーペを製作したのかをガレージ力の中久木 力 代表にうかがうと「当社と松田選手はともに桑名ということで、桑名最速をかけての負けず嫌い選手権マシンとして活用していきたいと思っています」と笑顔で語って下さいました。

松田次生トレーニング用スカイライン
松田次生トレーニング用スカイラインとガレージ力 スカイラインクーペ

「V35スカイラインでパーツなどを開発していけばZ33などでも使えるパーツとなるので、お金をかけずとも遊べるクルマというものを伝えていけたらいいな、と考えています」とも語る中久木 力 代表。

ちょっとサーキットで走ってみたいな、という方には最適なのではないでしょうか。

(写真・文:松永和浩)

【車両データ】

出展者:ガレージ力

出展車両名:ガレージ力 スカイラインクーペ/型式:CBA-CPV35/エンジン型式:VQ35DE/チューニング内容&使用パーツ:ガレージ力オイルクーラー一体型ラジエター、レーシングエアコンコンデンサー/マフラー:フジツボ/クラッチ:NISMOスポーツクラッチキット/デフ:NISMO GTLSDpro/エアロキット:純正/ドレスアップ内容&使用パーツ:ニスモリヤスポイラー/シート:BRIDE/サスキット名:力脚/ショック:ガレージ力/スプリング:ガレージ力サスペンションプラス/ブレーキ:エンドレスレーシング6&4/ホイール:RAYS/ホイールサイズ:9.5JJ-19(F)、10.5JJ-19(R)/タイヤ:ダンロップディレッツァZ3/タイヤサイズ:245/40-19(F)、275/35-19(R)

【関連記事】
MTのV35スカイライン激安中古車+車検対応パーツで松田次生選手が走り込む、ガレージ力の練習用スカイライン【東京オートサロン2021】
https://clicccar.com/2021/01/30/1054786/

『東京オートサロン2021』の最新記事
ホンダアクセスTAS出品車
Honda eのドラッグレーサー!?N-ONEのヒルクライムマシン!?ハリボテじゃないホンダアクセス渾身のホントに走る2台!!【バーチャルオートサロン2021】
待望のネオバAD08R後継チラ見せに期待度MAX!  新作を先行披露、まさにYOKOHAMA夜明け前【東京オートサロン2021】
迫力のAdventureルックなのに中身はHYBRIDというRAV4のステルス仕様【東京オートサロン2021】
現行86に1JZをスワップ、執念の公認取得で完全リーガル仕様を作り上げた偉人伝【東京オートサロン2021】
バルブを開くと荒々しく変貌するサウンド。見た目も斬新な完全合法マフラーがFUJITSUBOからデビュー【東京オートサロン2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事