ブリヂストンから静粛性・乗り心地、操縦安定性を向上させたSUV専用タイヤ「ALENZA LX100(アレンザ LX100)」が新登場

■従来品から騒音エネルギーを22%低減

世界、そして日本でも一大ブームとなっているSUV。メーカーからすると、ベース車に対して付加価値をもたらすことで車両価格が高くなり、利益率の高さにつながります。もちろん、いま売れる車種を投入し、ユーザーニーズに応えるなどの理由もあるでしょう。

そんな中、ブリヂストンは快適性を追求したSUV専用タイヤ「ALENZA LX100(アレンザ LX100)」を2021年2月より発売するとアナウンスしました。発売サイズは39サイズで、メーカー希望小売価格が設定されます。

ブリヂストン アレンザ LX100
ブリヂストンのSUV専用タイヤ「ALENZA LX100」

日本のSUV市場は近年拡大傾向にあり、ブリヂストンはとくにセダンやミニバンの代替車両として、街乗りなど普段の生活の一部として使用されるオンロード領域のSUV車両が増加していると分析しています。子育て層に今でも絶大な支持を受けているミニバンのニーズはいまだに健在だと思われますが、いわゆるポストファミリー層がミニバンからSUVに乗り替えることはありそうです。

ブリヂストンは、こうしたオンロード系プレミアムSUVタイヤブランドである「ALENZA(アレンザ)」に、今回静粛性や快適性を重視したオンロードコンフォート「ALENZA LX100」を追加。

オンロードスポーツ「ALENZA 001」とともにラインナップすることで、オンロード領域SUV車両への社会価値・顧客価値の向上を強化していくとしています。

今回発表された「ALENZA LX100」には同社のサイレントテクノロジーが投入され、従来品「DUELER H/L850」の騒音エネルギーを22%低減させたとしています。

投入されるサイレントテクノロジーは、「3Dノイズ抑制グルーブ」「シークレットグルーブ」「3Dノイズカットデザイン」の3点で、新品時、摩耗時の静粛性を向上。

ブリヂストン アレンザ LX100
「ALENZA LX100」に搭載される技術要素

また、タイヤの摩耗度に比例して大きくなるノイズにも着目し、60%摩耗時で従来品から騒音エネルギーを9%低減させたそう。

SUVに特化したトレッド部チューニングやSUV専用構造を採用することで、従来品の「DUELER H/L850」から摩耗ライフを5%向上させ、ふらつきや乗り心地といった操縦安定性にも配慮されています。発売サイズは195/80R15 96S〜285/40R22 106Wの39サイズ。

価格帯は2万240円〜10万5270円(税込)となっています。

(塚田 勝弘)

『ブリヂストン』の最新記事
ブリヂストン販売店
タイヤのことってよくわからな〜い…だったらサブスクで安心のブリヂストン製を買うのがオススメ!【BRIDGESTONE Mobox】
ブリヂストン トランザ エコ
ブリヂストンのエンライトンとオロジックを組み合わせた「トランザ エコ」を、太陽光発電型EV・Lightyear One用に開発
ブリヂストン モボックス
ブリヂストンがスタートさせたタイヤのサブスク「Mobox(モボックス)」とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事