ポップな可愛さ! 7th E-Lifeが提案するアメリカンスタイルのハイエース【東京オートサロン2021】

■アメリカンスタイルハイエース【7th E-life by CRAFTPLUS】

迫力や過激さを主張する出展車両が多い中、ポップな可愛さをアピールしたのが7th E-life by CRAFTPLUS。

もともとは木工加工の専門ショップですが、数年前から自動車のカスタムに進出し、今回はアメリカ西海岸をイメージしたライトグリーンのハイエースを出展しました。

7th-E-life アメリカスタイル ハイエース
7th-E-life アメリカスタイル ハイエース
7th-E-life アメリカスタイル ハイエース
フロントライトを丸めにコンバージョン。スペアタイヤもここに固定。
7th-E-life アメリカスタイル ハイエース
ホイールキャップのセンター部分にはアッシュ材を使用。

ベースになったのは平成26年式H200系のIV型ハイエース。フロントにスペアタイヤを積んでいるのは、キャルルックのVWバスをイメージしたからだそうです。

外装色のライトグリーンはフィアット500の純正色とのことですが、マット調に処理して差別化を図っています。ホイールのセンターキャップは木製でアッシュ材を使っています。

7th-E-life アメリカスタイル ハイエース
ウッドが優しさが醸し出す運転席周り。
7th-E-life アメリカスタイル ハイエース
シートカバーには有名な岡山の児島デニムの子供服の生地を使用。

まずは運転席周りを見てみましょう。全体をナチュラルウッドとデニム地でまとめてあり、友達んちのリビングにでもお邪魔した感じです。

ウッドステアリングこそMOON EYES製ですが、それ以外のアシストグリップやカップホルダーはオリジナルのナチュラルウッドとのことで、車内がぐっと優しい雰囲気になりますね。

シートカバーにもこだわっています。生地は世界的にも知られた岡山の児島デニムを採用しており、色移りの心配がないとのこと。また、デニム以外にも対応しており、ヴィンテージレザーやコーデュロイ、帆布などを使ったインテリアも提案しているそうです。

7th-E-life アメリカスタイル ハイエース
ナチュラルウッドでまとめられたラゲッジエリア。

ラゲッジエリアを見てみましょう。こちらもナチュラル感満載です。基本となっているのは、床パネル、両サイドのキャビネット、ベッドマットのセットとなる同社のLDG Cargoキット。

さらに今回のデモカーでは、前席との間にワンオフのパーティションが作られていて、2列目シートがうまく収納されています。デニム地のベッドマットは4つの椅子に分解できるので、並べ替えたり、キャンプサイトのベンチとしても使うことも可能。アイデア次第で様々な使い方ができる車内となっています。

ブームの車中泊はもちろん、ドライブ先での休憩やテレワーク用途にだって、このクルマなら思い切り活躍してくれそう。

車内をカスタマイズすることの威力を改めて感じさせられた1台でした。

●7th E-life by CRAFTPLUS/アメリカンスタイルハイエース/ベース車両メーカー:トヨタ ハイエース(TRH200)/装着パーツなど:エアロパーツ:7th e-life ボクシースタイルZERO型フェイスキット、シート:7th e-life オリジナルシートカバー、車内:7th e-life LDG Cargoキット、ホイール:7th e-life FD-CLASSIC

(文:角田伸幸/写真:金子信敏・角田伸幸)

【関連リンク】

・7th e-life
https://www.7th-e-life.jp/

『東京オートサロン2021』の最新記事
待望のネオバAD08R後継チラ見せに期待度MAX!  新作を先行披露、まさにYOKOHAMA夜明け前【東京オートサロン2021】
迫力のAdventureルックなのに中身はHYBRIDというRAV4のステルス仕様【東京オートサロン2021】
現行86に1JZをスワップ、執念の公認取得で完全リーガル仕様を作り上げた偉人伝【東京オートサロン2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事