硬派なジープラングラーをタイガーオートが超タフギアに変身【東京オートサロン2021】

■Jeep WRANGLER RUBICON【株式会社タイガーオート】

ジープブランドの車種の中で、日本市場で最も販売台数が多いのがラングラーです。埼玉県にあるタイガーオートは、ラングラーをはじめとしたジープのカスタマイズを得意とするショップです。

Jeep WRANGLER RUBICON_02
ラングラー・ルビコンのリアデザイン。

今回の東京オートサロンに出展した「Jeep WRANGLER RUBICON」は、ジープラングラーの中でもオフロード性能に特化した「RUBICON(ルビコン)」をベースに、より険しいラフロードでも走破できるようにカスタマイズされたスーパータフギアモデルです。

カスタマイズのポイントを挙げると、まずはFRP製のフェンダーはラインXで塗装しています。ラインXとは米軍で唯一採用されている塗装で、オフロードを走行していて、木や岩などにぶつかってもこのラインXで塗装しておくと、割れにくくなるのが特徴です。

Jeep WRANGLER RUBICON_04
FRP製のフェンダーはラインXで塗装されている。
Jeep WRANGLER RUBICON_06
サスペンションにはアメリカで人気ナンバーワンブランドのキングのショックを装着。

さらにエルフォード製のFRP製ボンネットも同様に、ラインXを施行しています。この結果、重量も純正部品の半分くらいなので、かなり軽量化が実現しています。

足まわりには、装着率ナンバー1ブランドのキングを採用。吸収力の高いショックアブソーバーとバンプストップを装着することにより、縮みきった際に反発する力を発生します。さらにロングアームサスペンションも装着しています。

Jeep WRANGLER RUBICON_03
装着されたタイヤは40インチ!。
Jeep WRANGLER RUBICON_05
足回りにはロングアームサスペンションを装着する。

タイヤは40インチ、直径1mもあります。

ホイールはKMCのリアルビードロック。これはタイヤの空気圧が100kPa以下に落としてもビードが落ちません。さらに岩場でタイヤが岩を包み込むように走行できるので、グリップ力が上がる特性があります。

スクエアなボディにリフトアップというラングラーが最も映えるカスタマイズ。オフロードはもちろん、これで街中を走行してもオシャレに感じます。

(文・写真:萩原 文博)

●Jeep WRANGLER RUBICON【タイガーオート】
ベース車両:Jeep・ラングラーJL

『東京オートサロン2021』の最新記事
ロッキーオート・3000GT、日本の自動車史を代表する名車が現代技術で復活!【東京オートサロン2021】
TOM’SのGRヤリス&新ハリアー参上!ヤリスは今話題のあのラリードライバーの愛車だった【東京オートサロン2021】
ガレージ力 スカイラインクーペ
松田次生選手の練習用V35スカイラインに対抗する桑名最速決定戦マシン!?【東京オートサロン2021】

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています