梅本まどかも参加、2020「GR Garage日進竹の山店」走行会では女子会トークも☆【うめまど通信vol.27】

■2020年12月、GR Garage日進竹の山店さんの走行会に行ってきました!

●様々な感染防止対策をとって楽しく行われた走行会

うめまど通信も2年目を迎えられて嬉しい、元SKE48の梅本まどかです☆

2021年になりましたが、WRCはコロナウイルスの影響でスケジュールが変更になったり、東京オートサロン2021もオンラインのみになったりと、今年もいろいろ変更がありながらの1年になりそうですね。

無事ラリージャパンが行われますように。それまでに収束しますように。と祈るばかりです!

走行会
全員で集合写真。

2020年は中々イベントができなかったのですが、唯一参加できたのが2020年12月6日に美浜サーキットで行われたGR Garage日進竹の山店さんの走行会。毎年この走行会は数回行われていて、2020年も予定はしていたそうですが、次々と中止に…。

この12月6日は「対策をしっかりとして、1回だけ行う事ができて良かった!」と最後の挨拶でスタッフの方が話されていたのが印象的でした。

私はいつもGR Garage日進竹の山店の走行会に参加させて頂いているのですが、名物コンテンツがいくつかあり、その中でもプロドライバーさんと86/BRZレースに参戦している社員ドライバーさんによる同乗走行&アドバイス。

また、トークショーも行われているのですが、2020年はレースに参加出来なかった事もあり、トークショーは女子会トークとゲストトークのみに。

同乗走行もできないので、外から社員ドライバーさんがチェックして無線を使ったアドバイスなど、いつもとは違う形でしたが行う事ができました!

社員ドライバーさんたちに「無線でのアドバイスに切り替わってどうでしたか?」と感想を聞くと、「いつもは自分が乗ったり、助手席に乗って伝えるのですぐに相手に話せたり、逆に雰囲気を見ながらここで伝えよう!ってできるけど、外からだと運転している方の状況が中々読めないので、いつ言おうとかタイミングを見るのが難しかった」とお話されていました。

それでもこんな機会は中々ないですし、このコンテンツは朝募集をかけて抽選で当たった方のみが参加できる貴重なもの。

大人気なコンテンツなので、成功できるように朝からスタッフさんや社員ドライバーさんが、無線のチェックからどう伝えるかなどの練習や準備をされていたのがとても印象に残っています。

あとは、試乗車に乗る時間もあるのですが、これも人気コンテンツ。しかも、今回はGR Yarisがあり大人気でした!

抽選になるので倍率も高く、どれか試乗できたほうが嬉しいからとあえて違うクルマを選ぶ人も多かったですが、1番人気のGR Yarisは他のクルマの3倍もの人気からこのクルマへの興味・期待度をとても感じました。

私もGR Yarisには乗った事があるし、ホントに金額関係なく1台プレゼント!となれば真っ先に名をあげるクルマ。乗られた方の降りた時の笑顔がよかったです。

試乗する時は自由にという感じではなく、サーキットで先導車について走るのですが、そのペース配分やこのクルマのここを感じてもらいたいからもう少しペースをあげよう、抑えようなど、スタッフの方はしっかり見て指示しているのですが、こういった「お客さんに楽しんでもらおう!」といろいろ企画も含めて工夫されているGR Garage日進竹の山店さんってやっぱり凄いな。好きだなと感じました。

私もいつもいくつかコンテンツに参加させて頂いているのですが、メインで担当してるのが「ラリー同乗体験」。

これは元々ペースノートを作った状態で後部席に乗って頂き、ドライバーはゲストで参加しているプロドライバーさん。私はコドライバーとして、助手席に乗り、ノートを読み上げたり、いつものラリーのスタートの仕方やその時に伝えれそうなコドライバーの仕事やラリーについてお伝えさせて頂くというもの。

後部席からですが、「これくらいでこんな感じでノートを読んでいるんだ」「こんな景色の中ドライバーは言葉を聞き、路面を見てどこを走るか考えているんだ」というのを体験して頂くものですが、今回はコロナウイルス対策として後部席には乗らずに、走りながら私がマイクでノートを読んだり、いつものように話す、という内容に変更!

いつもは抽選ですが、今回は誰でも聞けるというのはよかったですが、私は反応がわからず、ドキドキでした(笑)。

ラリージャパンも2021年11月にスケジュールが決まり、GR garage日進竹の山店は開催地域内になるのかな!? とても近い場所にあるお店でもあるので、走行会に来られていた皆さんにも是非興味を持って頂けていたらいいなぁ。と思いました☆

あとは毎回参加させて頂いているのが「女子会トークショー」。

もも&なごみちゃんと
上は私とももちゃん。下がなごみちゃんです。

女子会トークショーはイベントMCの槻島ももちゃんとGR Garage日進竹の山店のメカニック、松井なごみちゃんと3人でクルマトークから普段の様子、レース・ラリーなどいろんな事をまったりとお喋りしているのです。

今回も3人で近況報告や趣味、愛車のことなどお話していたのですが、途中からなんと女子メンバー2人追加で5人でのトークショーに!

途中から参加した女子メンバーは、2人ともメカニックでそれぞれ違う店舗で働いている2~3年目のメカニックさん。

らん&なおかちゃん
上がらんちゃん。下がなおかちゃん。

勝川店で働くなおかちゃんと、東海富木島店のらんちゃん。5人になってからはなごみちゃんを含めた3人にお店のことだったり、メカニックさんのお仕事についてお話しを聞いたりしました!

お店が違うので中々会う機会が少ないという3人でしたが、女性メカニック仲間だからかとても仲が良く、会話もはずみ、好きな作業などお互いに聞いたりしていたのが面白かったです!

ちなみに、それぞれの好きな作業はらんちゃんが車検。なおかちゃんがタイヤの組替え。なごみちゃんが新しい事、まだやったことのないことが山のようにあるのでどんどん挑戦したい!と教えてくれました!

東海富木島店には社員ドライバーの安藤さんがいるお店なのですが、最近社員さんの中でドリフトが凄く流行っていると話題になっていて、みんなで走りに行ったりするそうなんです。

トヨタカローラ名古屋のドライバーさんでドリフトといえば安藤さんなので、トヨタカローラ名古屋の中でもそれぞれ店舗によって特徴があるんだと話を聞いて感じて面白かったです☆

元嶋選手
元嶋選手です。

そして、この日のメインゲストはプロドライバーは元嶋佑弥選手。元嶋選手はとてもストイックな選手で、時間をみつけては試乗車などに乗ってタイムアタック。その差を調べたり、特徴を改めて見つけてはトークショーで話してくれたり。プロのドライバーさん視点ならではのお話しが聞けてとても面白かったです!

元嶋選手のGTでの活躍のお話はもちろん、普段ロードバイクでトレーニングしていることや、料理も自分でつくるという近況も教えて下さいました。

2020年はあまりイベントが出来なかったので、改めてこういったレースの話し含めトークショーで直接ドライバーさんからお話しを聞けたのはとても貴重な時間でした☆

カロニャーゴと
愛車とカロニャーゴと
パシャリ☆

実はこの日は、私も愛車の86で美浜サーキットに行っていたのですが、サーキットでは走りませんでした。

2021年中は厳しいかもしれませんが、2~3年後にはサーキットデビューもしたいなと思っちゃいました! やっぱり観てると走りたくなっちゃうんですよね♪ それまでにもっと愛車に慣れてテクニックをあげておこう!

いつもこの走行会の最後にトヨタカローラ名古屋のドライバーさんとプロドライバーさんのデモレースが行われるのですが、それぞれ試乗車から1台ずつ選び、少しクルマによってハンデをつけてスタート。

デモレース中
デモレース中の様子。

パワー的に不利なマシンはショートカットしたり、ドリフトして魅せ場をつくったり、エンタメ要素もあるデモレースはホントに面白く、また本気で走り逃げるドライバーさんもいて見応えもあり、楽しい内容でした。
毎回違った面白さがあるし、参加者みんなで見て笑ったりできるので一体感もあり、雰囲気も凄くいいのです。

GRコンサルトの方
GRコンサルトの方とお話してる様子です。

やっぱり、社員ドライバーさんが4名いて、レースでメカニックをいつもやっているスタッフさんも来ていて、走行会中も何かあればすぐに質問できたり、メカニックさんだけでなく、GRコンサルトさんにも気軽に質問できちゃう。

この走行会ではよく見かける光景なんです。

それだけお客さんとお店の距離が近くて、頼りやすい、話しやすいお店なんだなという事をいつも感じ、素敵なイベントだなと思うのです。

鬼滅コスプレ
鬼滅コスプレをしてましたよ!
可愛い♪

2020年唯一のイベントになってしまいましたが、参加でき、やっぱり走行会って楽しいな! 参加できて良かったな!!とホントに感じました。

2021年も走行会ができたらいいなぁ☆

(梅本 まどか)

『うめまど通信』の最新記事
梅本まどか
梅本まどかがSKE48の本拠地・栄で行われた「GO TO RallyJapan2021」イベントに参加してきました☆【うめまど通信vol.26】
展示車両とパシャリ
梅本まどか、ラリージャパン1年前イベントに行ってきました ☆うめまど通信vol.25
e-Sportsイベント
梅本まどか、初めてのe-Sportsイベントに参加してきました☆【うめまど通信vol.24】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事