アルファ ロメオが北米で「4C Spider 33 Stradale Tributo」を発表

■2021年にはPHEVクロスオーバーの「Tonale(トナーレ)」生産を開始

アルファ ロメオは、2020年12月14日、北米において伝説のミッドシップモデル「1967 Alfa Romeo 33 Stradale(1967 アルファロメオ33ストラダーレ)」の栄光を受け継ぐ「4C Spider 33 Stradale Tributo(4Cスパイダー33ストラダーレ・トリビュート)」を発表しました。

アルファロメオ 4Cスパイダー
「4C Spider 33 Stradale Tributo」のエクステリア

この「4C Spider 33 Stradale Tributo」は、2021年に生産がスタートする、アルファ ロメオ初のPHEVクロスオーバーである「Tonale(トナーレ)」をはじめとする、次世代のアルファ ロメオ・モデルにバトンを引き渡す役割を担っているそうです。

「4C Spider 33 Stradale Tributo」には、3層コートが施された専用カラーの「ロッソ・ヴィラデステ」をまとい、グレー/ゴールド5穴アルミホイール(フロント18インチ、リヤ19インチ)を用意。

アルファロメオ4Cスパイダー
「「4C Spider 33 Stradale Tributo」」のインテリア

インテリアには、ブラックDinamicaスエードとタバコ・レザーが組み合わされたスポーツシートが装備されます。また、コックピットには、ダッシュボード、サイドシル、センターコンソールに専用プレートを装着。センターコンソールのプレートには、車両のシリアルナンバーも刻印されます。

さらに、4Cのデザインコンセプト、テクノロジー、素材、モデナの組み立て施設、33 Stradaleの歴史が記録された、チェントロ・スティーレ(デザインセンター)によってデザインされた記念ブックも付属するそう。

アルファロメオ
「1967 Alfa Romeo 33 Stradale(1967 アルファロメオ33ストラダーレ)」

シャーシには、今回初めてクリア・レッド仕上げが施され、通常モデルではオプション設定のアクラポヴィッチ製デュアルモード・センターマウント・エキゾースト、レースチューンド・サスペンション、バイキセノン・ヘッドライト、バッテリー充電器、ボディカバー、スエード/レザーシート、カーボンファイバー製ハロ、リヤウィング、イタリアンフラッグ・ミラーキャップなども備わります。

加えて「Centro Stile Alfa Romeo」エンブレム、ピアノブラック・フロント・エアインテークとリア・ディフューザーによって、洗練されたエクステリアに仕立てられています。「4C Spider 33 Stradale Tributo」には、6速アルファ・ツインクラッチ・トランスミッション、オールアルミ製1,750cc直噴ターボチャージャー・エンジンが搭載されるほか、デュアル・インタークーラー、可変バルブタイミングといった高度な技術も採用されています。

アルファロメオ 4Cスパイダー
「4C Spider 33 Stradale Tributo」のリヤビュー

エンジンの最高出力は237hp・最大トルクは258 lb-ft。車両重量2,500ポンド(約1134kg)で、10.4lb/hp(約4.78kg/hp)というパワーウェイトレシオを実現し、0-60mph(約96km/h)加速は4.1秒、最高速度は160mph(約257km/h)。

2020 Alfa Romeo 4C Spider 33 Stradale Tributoは、4C Spiderの最終生産モデルになり、4C Spider限定車の北米向け生産台数は、わずか33台となっています。日本では4C/4Cスパイダーは販売が終了していますが、PHEVクロスオーバーである「Tonale(トナーレ)」など、今後の動向が気になるところです。

(塚田 勝弘)

『アルファロメオ』の最新記事
アルファロメオ ジュリア
アルファ ロメオ・ジュリアに619万円の限定車「2.0ターボ・ヴェローチェ・ヴィスコンティ・エディション」を設定
アルファロメオ ジュリエッタ
現行モデル最後の限定車。アルファ ロメオ「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ」が65台限定で発売
アルファロメオ ジュリア ステルヴィオ
西島秀俊さんがアルファロメオの公式ブランドアンバサダーに起用。新型ジュリア/ステルヴィオの登場を盛り上げる

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事