マクラーレン次世代V6ハイブリッドカー、市販型は「アルトゥーラ」に確定。2021年前半デビューへ

■ティザームービー初公開! 新開発プラットフォームで構築される最初のモデルに

マクラーレンが開発を進める次世代ハイブリッドスーパーカーのティザームービーが初公開され、その市販型車名が「Artura」(アルトゥーラ)になることがわかりました。

マクラーレン アルトゥーラ_002
マクラーレン アルトゥーラ 開発車両

スペイン語で「高みへ」「高地」を意味するアルトゥーラは、新開発されたコンパクトなV型6気筒ツインターボに電気モーターが組み合わされます。既存のV型8気筒以上のパフォーマンスを発揮する次世代ハイブリッドとなり、最高出力は600hp以上を発揮すると予想されています。

マクラーレン アルトゥーラ_005
マクラーレン アルトゥーラ 開発車両

マクラーレンのCEO、マイク・フレウィット氏は「全く新しいプラットフォーム・アーキテクチャで構築される最初のモデルであり、電動化用に最適化され、同社のコンポジットテクノロジーセンターで設計、製造されます。また高性能ハイブリッドパワートレイン、エクステリア、インテリア、最先端のドライバーインターフェイスに至るまで刷新されています」と語っています。

プロトタイプでは、スリムなLEDデイタイムランニングライトが点灯、傾斜したノーズ、アグレッシブなコーナーエアインテークなどが見てとれます。またティザーイメージでは、センターデュアルエキゾーストパイプの間に「ARTURA」のバッジが確認できます。

パフォーマンに関しては詳細が不明ですが、EV走行だけで20マイル(32km)の航続が期待できそうです。

マクラーレン次世代V6ハイブリッドのデビューは、2021年前半が確定しています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
日産 キャシュカイ_004
日産・新型キャシュカイ、スペックを先行発表! 欧州初の1.5リットル「e-Power」搭載へ
ポルシェ ケイマンGT4 RS_005
もう「プアマンズ911」とは言わせない! 究極のポルシェ・ケイマン「GT4 RS」市販型がニュルを疾走
プレミアムSUVの代名詞・レンジローバーの次期型はBMW製V8で豪雪を激走中
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事