価格は800万円級!! ボルボ・XC60の最新電動化モデル「B6 AWD R-DESIGN」の魅力とは?

■電動化されても居住性、積載性のデメリットはほとんどなし

前にもお伝えしたように、「全ブランドの電動化を実現する、最初のプレミアムブランドになる」と宣言し、電動化を推進しているボルボ。

ボルボ XC60
ボルボXC60の走り

その狙いは環境対応、エミッション規制などももちろんありますが、48Vマイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、100%EV(バッテリーEV)からなる電動化車両はエンジンが最新世代に進化し、モーターなどのアシストもあって、その走りは以前よりも洗練され、さらに仕様によってはパワフルな動力性能を堪能できます。

また、こちらも以前お伝えしたように、ボルボのプレミアムミドルサイズSUVのXC60に設定された「B6 AWD R-DESIGN」は、48Vマイルドハイブリッド、気筒休止機構などの環境対応メニューが盛り込まれながら、スーパーチャージャー、モーター、ターボのトリプル加勢により、箱根の山道でもストレスのない走りが堪能できます。

ボルボXC60
XC60「B6 AWD R-DESIGN」のサイドビュー

ボディサイズは全長4690×全幅1915×全高1660mmと、全幅はややワイド。狭い住宅街などではすれ違いなど、取り回しには注意が必要になるシーンもありそう。しかも駆動方式はAWD。それでも最小回転半径は5.7mと、小回り性能はまずまずといえるでしょう。

インテリアはスウェーデン生まれらしくクールな仕立てで、清潔感あふれる雰囲気は、ドイツ勢や日本の高級SUVとはひと味違ったムードが漂います。

シートは、前後席ともにたっぷりとしたサイズで、身長171cmの筆者だと大きなシートに身をゆだねている感覚を濃厚に味わえます。

ボルボXC60
XC60「B6 AWD R-DESIGN」のインパネ

後席の足元、頭上空間にも余裕があり、身長180cmの乗員が4人揃っても窮屈感とは無縁でしょう。

通常時505L・最大時1444Lという大容量に加えて、地上から開口部下側までの高さも高すぎず、背の高いステーションワゴン感覚で使える積載性の高さも魅力です。もちろん、楽にテールゲートの開閉が可能なパワーテールゲートが用意され、両手が塞がっていてもバンパー下に足を出し入れすることで、開閉可能なハンズフリー・オープニング/クロージング機構も付いています。

ボルボXC60
XC60「B6 AWD R-DESIGN」のラゲッジ(最大時)

ボルボXC60は、電動化されても使い勝手の面でほとんど影響を感じさせず、「B6 AWD R-DESIGN」は車両本体価格799万円(試乗車はオプション込み873万5650円)とプレミアムSUVにふさわしい設定になっています。

それでもドイツ勢と比べると価格設定は抑えめといえますし、ほかにあまりないトリプル加勢(スーパーチャージャー、モーター、ターボ)による余裕綽々の走り、洗練された内外装に魅了される方も少なくないはずです。

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠)

『ボルボ』の最新記事
Volvo_Cars_Electric_Motor
電動化を進めるボルボ。87.5億円を投資して電気モーターの自社生産を始めると発表した理由とは?
ボルボV60
オプション込み1000万円級でも完売したボルボ「V60 T8 Polestar Engineered」の内・外装をチェック
清水和夫さん試乗
ボルボV60&XC60 T8 Polestar Engineeredの特別仕様度を清水和夫が試してみた!【SYE_X】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事