ボルボ・XC40のマイルドハイブリッドはマイルドだけでなくターボパワーも美味!byウナ丼

■ボルボXC40 B5はエンジンも駆動にも技あり、北欧らしい配慮もあり!

●48Vモーターでスイスイ!

ボルボXC40
ボルボに人気のコンパクトSUV、XC40マイルドハイブリッドが登場!

ボルボのコンパクトSUV・XC40にマイルドハイブリッドモデルが追加されました。

このパワーユニットは4気筒2Lの直噴ターボエンジンに、通常の12Vではなく48Vの電装系を有するISGと呼ばれるモーターをセットしたもの。ゼロ発進時や中間加速時などにモーターを作動させ、燃費とドライバビリティの向上を狙います。

そのXC40は高級感を持ちつつも、カジュアルな内外装が魅力のモデルです。

ボルボXC40のコクピット
手袋をしていてもタッチスクリーンが使えるところが北欧らしいですね。

とりわけインテリアではセンターに配置された大型の液晶パネルや、大胆にレッドを使った内装材やフロアカーペットなどが目に付きます。

ちなみにこの大型モニターは静電タッチ方式ではなく赤外線検知方式を採用しているため、操作は手袋はめていても可能です。これは雪国であるスウェーデンのメーカーならではの配慮ですね。

●実際に乗ってみました

マイルドハイブリッドモデルには出力の違いで2モデルが設定されています。B4は197psを発生するもの、今回試乗したB5は250psとなっています。

ボルボXC40試乗
気筒休止もモーターの作動も気づかないマイルドさが美味!

注目はモーターだけでなく、エンジンそのものについても約90%のパーツが新設計されたものになっています。

トピックとしては4気筒のうち2気筒をストップさせる気筒休止システムを採用したこと。これは30~160km/hの範囲で作動します。このシステムは作動がとても精密にできています。気筒休止を表すインジケーター類がないこともあってドライバーは今、何気筒で走っているか?というのは実感できません。

ボルボXC40エンジンルーム
今回試乗したB5は250ps。

肝心のマイルドハイブリッドの効果ですが、いい意味でモーターの存在感を感じさせない仕様になっていました。発進から低中速の加速はいたってスムーズです。

このゼロスタート時や、8ATのギアの継ぎ目などにモーターが手助けをしているはずなのですが、どこでモーターがアシストしたのかというのは全く分かりませんでした。

ボルボXC40ラゲッジルーム
広さも十分以上、トノカバーもスッキリ収納!

一方で、2L直噴ターボエンジンの圧倒的なパワーが目立ちます。

35.7kgの大トルクを発生するこのユニットは、トルクの谷の部分をモーターで補ってもらえるという前提があるからなのか、とにかく高回転まで気持ちよく回るし、ダウンサイジングターボにありがちなパワー&トルクの頭打ち感も感じられません。圧倒的な加速力でボディをぐいぐいと走らせてくれるのでした。

XC40 B5 AWD Rデザインの車両本体価格は589万円(オプション別)となっています。

ボルボXC40サイドビュー
随所にボルボらしい技が光ります。

(文・動画:ウナ丼)

『ボルボ』の最新記事
ボルボV60
オプション込み1000万円級でも完売したボルボ「V60 T8 Polestar Engineered」の内・外装をチェック
清水和夫さん試乗
ボルボV60&XC60 T8 Polestar Engineeredの特別仕様度を清水和夫が試してみた!【SYE_X】
ボルボ
わずか数日で完売したボルボの高性能モデル「T8 Polestar Engineered」シリーズ、V60の走りはスポーツカー並み【新車試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事