フェラーリ 812 スーパーファストを50km/hで走らせるのは清水和夫への拷問!?「V12・NAは完全バランス、ヤバイ!」【頑固一徹 和】

■フェラーリF1は不調だけど、812 スーパーファストのV12 NAエンジンはヤバい!

●こんな魅力的なクルマが出てくるなんて、世の中まだまだ捨てたもんじゃないね!by 清水和夫

フェラーリ 812 スーパーファスト
さぁ、アドレナリン出っぱなしになりそうなフェラーリ 812 スーパーファストに試乗です!

国際モータージャーナリスト・清水和夫さんが今、気になるクルマを辛口試乗&それにまつわるウンチク話がタメになる『頑固一徹 和』。

前回の牛・ランボルギーニに続いて、今回は馬・フェラーリ 812 スーパーファストです。

●国産V12はトヨタとスバル以外には作れない?

清水和夫さん
こんなクルマを50km/hで走らなくちゃいけないなんて…でもルールは守りましょう!

おいおい、800ps・718Nmだよ! 今日の試乗車はオプション900万円分くらい乗っかっているらしいよ(汗)。

いや~コレ、いいな! 今回はフラット6 NAの『ポルシェ718ケイマンGT4』、V10 NAの『ランボルギー二・ウラカンEVO・RWDスパイダー』にも乗っているんだけど、このフェラーリ812 スーパーファスト、V12 NAはホント~の完全バランスだ。

ヤバイ! なに、このエンジン! エンジンだけで2000万円くらいの価値があるよ。

フェラーリ 812 スーパーファスト
フェラーリ 812 スーパーファストは低速でも気分がアガル!

もうね、飛ばさなくてもいい。踏めば9000rpmまで回るんだけど。9000rpmまで踏み込みたい欲望に襲われて今…我慢しています。こんな折檻受けたことないよ~。

スーパーファスト乗って50km/hでガマンしなさいっていうのは。世の中これほど辛いことはない。でも…やっぱり…ルールは守らなくてはいけません!!

なんでV12が良いのか?って言うと、やっぱり完全バランスっていうのがあるよね。

トヨタV12
センチュリーに搭載されるV12エンジン。

日本では唯一、トヨタがセンチュリーでV12を量産(?)したんだけど、他のメーカーはみんな途中の7合目まで開発して製品化できなかった…という苦い経験がありますね。

スバルもフラット12エンジンを持っているんだよね。ジオット・キャスピタ(JIOTTO CASPITA/1989年「公道を走るF1マシン」と謳い、ワコール・スポーツカー・プロジェクトとして生まれたスーパーカー。

1989年東京モーターショー・スバルブースにて参考出品され、現在は石川県小松市にある日本自動車博物館内にて保存)プロトタイプに搭載したヤツ。

実はあのエンジン、1989年の東京モーターショーに出すときに「ちょっと走ろう」ってテストコースで乗ったことがあります。

ジオット・キャスピタ
ジオット・キャスピタ。懐かしいね!

あのフラット12はF1に挑戦していたときのスバルのエンジン(3.5L水平対向12気筒DOHC 60バルブ『SUBARU-M.M. 』。1990年F1にスバル・コローニとして参戦)。

スバル・フラット12
スバルの水平対向12気筒エンジン。F1でも使用されました。が…。

それに乗っていたのはベルトラン・ガショー(Bertrand Jean Louis Gachot)というフランス国籍のベルギー人(ベルギーでライセンス取得)なんだけど、ガショー曰く「エンジンは凄くパワーはあるんだよね。でもあまりにもボディがヘロヘロで予選は1回も通らなかった」って言っていましたね。

…スバルのフラット12には、そんな苦い思い出もあります。

フェラーリ 812 スーパーファスト
フェラーリ 812 スーパーファスト、全開して~!

まぁフェラーリはこんな素晴らしいスーパースポーツを作るんだけど、最近のF1は情けないね! コロナ禍じゃなかったら、イタリアのティフォシたちに石投げられるんじゃないの?

パワートレーンもエンジンもシャシーもダメ、ブレーキも燃えて…。あんなフェラーリは見たくもないね。

でもこういうクルマがヨーロッパから出てくるというところが、イイ。自動車の世界はEV一色でエンジン車が終わったとは言えない。

これだけの感動をEVで出せ!って言ったって、無理!!

総合評価指数
総合評価指数は★★★★★!
評価軸(3項目)&評価ポイント
評価軸(3項目)&評価ポイントは10、9、8点!

(試乗:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

フェラーリ 812 スーパーファスト
フェラーリ 812 スーパーファストの主なSPEC。

■SPECIFICATIONS
車名:フェラーリ 812 スーパーファスト(Ferrari812 SUPERFAST)
全長×全幅×全高:4657×1971×1276mm
ホイールベース:2720mm
トレッド 前/後:1672/1645mm
車両重量:1525kg
エンジン:V型12気筒DOHC
排気量:6496cc
ボア×ストローク:94.0×78.0mm
圧縮比:13.6
最高出力:588kW(800ps)/8500rpm
最大トルク:718Nm(73.3kgm)/7000rpm
トランスミッション:7速F1 デュアルクラッチ
駆動方式:後輪駆動
サスペンション 前/後共:ダブルウイッシュボーン
ブレーキ 前/後:398×38mm径ベンチレーテッドディスク/360×32mm径ベチレーテッドディスク
タイヤサイズ 前/後:275/35ZR20/315/35ZR20
燃料消費率 WLTPモード:6.2km/L
0→100km/h加速:2.9秒
最高速:340km/h
車両本体価格(税込):41,280,000円

【頑固一徹試乗とは?】
国際モータージャーナリスト、清水和夫が斬る試乗インプレッション『頑固一徹テスト』。頑固一徹・清水和夫が独自の目線でチョイスした新型モデルを、パワートレーン、ライドコンフォート、ドライビングプレジャーの3分野で評価、採点し、その合計点によって10段階で評定します(※今回よりミッドシップスポーツの実力を評価するべく、評価項目を変更しました!)。

■頑固一徹 総合評価指数
3〜6点→★
7〜12 点→★★
13〜18点→★★★
19〜24点→★★★★
25〜30点→★★★★★

■頑固一徹テスト 試乗インプレッション評価軸(3項目)&評価ポイント
パワートレーン 10段階評価(1〜10点)
ライドコンフォート 10段階評価(1〜10点)
ドライビングプレジャー 10段階評価(1〜10点)

【関連記事】

清水和夫の好物全部乗せ! ポルシェ718ケイマンGT4は右ハン・MT・NA・MR・スポーツカー!!【頑固一徹 和】
https://clicccar.com/2020/10/01/1022853/

ランボルギー二・ウラカンEVO・RWDスパイダーに清水和夫のニヤニヤが止まらない「NAのV10、良き!」【頑固一徹 和】
https://clicccar.com/2020/10/11/1024944/

【関連リンク】

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

『頑固一徹 和』の最新記事
ランボルギー二 ウラカンEVO RWD スパイダー
ランボルギー二・ウラカンEVO・RWDスパイダーに清水和夫のニヤニヤが止まらない「NAのV10、良き!」【頑固一徹 和】
ポルシェ718ケイマンGT4
清水和夫の好物全部乗せ! ポルシェ718ケイマンGT4は右ハン・MT・NA・MR・スポーツカー!!【頑固一徹 和】
頑固一徹ロードスター
恒例・清水和夫組のメディア対抗ロードスター耐久レースは予選12位→結果6位入賞。でも「来年は倍返しだ!」【頑固一徹和・番外編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事