4WD+6MTの本格スモールSUV、フィアット「Panda Cross 4×4」が150台限定で新登場【新車】

■SUVらしいタフなエクステリアが魅力

プラットフォームをFiat 500などと共有化しながら全高を高め、アップライトな乗車姿勢を採用することで、Aセグメントでも比較的余裕のあるキャビンを確保しているのがFiat Panda(パンダ)です。

今まで特別仕様車も数多く設定されていて、2019年には4WDと6MTを組み合わせた「Fiat Panda 4×4 Succosa」を設定しています。

パンダ・クロス・フォーバイフォー
Fiat「Panda Cross 4×4」のエクステリア

FCAジャパンは、そのフィアット・パンダに、クロスオーバーSUVらしい走破性とデザインを付加した限定車の「Panda Cross 4×4(パンダ・クロス・フォーバイフォー)」を設定し、2020年10月24日(土)から150台限定で販売すると発表しました。

Aセグメントの中でもユニークな背高スタイルにより、コンパクトながら広々したキャビンが特徴のパンダ。

限定車の「パンダ・クロス 4×4」は、居住性や使い勝手の良さに加えて、4WDとMTを組み合わせたパワートレインと、SUVらしさを演出する専用エクステリアが目を惹きます。高い走破性とパンダらしい遊び心が1台に凝縮されたコンパクトクロスオーバーSUV。

パンダ・クロス・フォーバイフォー
「Panda Cross 4×4」のフロントビュー

注目のエクステリアは、樹脂パーツが多用された専用フロントフェイスをはじめ、フロントフォグランプ、スキッドプレート風デザインが採り入れられた前後バンパー、シルバー仕上げのルーフレール、CROSSロゴ入りサイドモールディング、専用15インチアルミホイールにより、SUVらしいタフなムードが醸し出されています。

パンダ・クロス・フォーバイフォー
「Panda Cross 4×4」のリヤビュー

ボディカラーは、明るい「パステルイエロー」をまとい、アクティブなシーンが似合う「パンダ・クロス 4×4」の個性を演出。

パンダ・クロス・フォーバイフォー
「Panda Cross 4×4」のインテリア

ブラックを基調としたインテリアは、随所にブラウンが配された仕上げになっていて、CROSSロゴ入りの専用ファブリックシートや前席シートヒーター、ドライブモードセレクター、フルオートエアコンも特別装備され、快適なドライブが可能。

パンダ・クロス・フォーバイフォー
フルオートエアコンを特別装備

4×4モデルならではの高い走破性とパンダ本来の使い勝手、それに個性的なデザインを併せ持つ「パンダ・クロス 4×4」は、日本でも並行輸入されるなど、ファンに根強い人気を誇っています。

価格は263万円です。なお、ボディサイズは全長3705×全幅1665×全高1630mm。搭載されるエンジンは、875ccの直列2気筒で、トランスミッションは6MTのみです。

(塚田勝弘)

『フィアット』の最新記事
フィアット 500 500C
イタリア映画『La dolce vita』からインスピレーションを得た限定車「Fiat 500/500C Dolcevita」【新車】
フィアット500X
人気のBセグメントSUVのフィアット・500Xに、ブルーのマット塗装をまとう「500X Indigo」が登場【新車】
フィアット500 500C
Fiat500/500Cに、人気のツインエア+MTモデルが計230台限定で登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事