アウディ新型EVクロスオーバーSUV「Q4 e-tron」は高性能モデル「S」も用意!

■システム合計出力は306hp、0-100km/h加速6.3秒

アウディ Q4 e-tron_004
Spy shot of secretly tested future car

アウディはミッドサイズの電気クロスオーバーSUV、「Q4 e-tron」を開発していますが、その市販型となる最新プロトタイプをカメラが捉えました。

Q4 e-tornは、ジュネーブモーターショー2019で初公開された「Q4 e-tronコンセプト」の市販型で、「Q3」と「Q5」の隙間を埋めるフルエレクトリックSUVとなります。

アウディ Q4 e-tron_011
Spy shot of secretly tested future car

捉えた最新プロトタイプはヘッドライトが点灯中のもので、コンセプトモデルとは異なる光を放っていますが、市販型では25の異なるパターンから選択できます。

クロムで仕上げられたワイドな密閉グリルやコーナーエアインテークも市販型では新設計されていることが見てとれます。さらにテールライトのグラフィックが変更されているほか、ルーフスポイラーには第3のブレーキランプをインストール、安全性が高められています。

市販型アーキテクチャには、フォルクスワーゲン「ID.3」や「ID.4」と共有する「MEB」プラットフォームを採用、スポーツカーのように寝かされたAピラーも特徴的と言えます。

キャビン内の画像はありませんが、大型のインフォテイメントディスプレイ、デジタルインストルメントクラスタなどが搭載されるはずです。

パワートレインは、フロントに最高出力102hp、リアに204hpの電気モーターを搭載、システム合計出力は306hpに達します。コンセプトモデルでは0-100km/h加速6.3秒、最高速度180km/h(電子リミッター作動)のパフォーマンスを発揮します。

Q4 e-tronのデビューは年内とみられ、クーペバージョンの「Q4 e-tronスポーツバック」、さらにスパイシーな高性能「Q4 e-tron S」などが続くと予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?