ブガッティ2台にパガーニ合わせて9.5億円!お金配りおじさん前澤友作氏の愛車紹介動画がぶっ飛んでいる件

■3.5億+2.5億+3.5億=9.5億円!

お金持ちにはトンと縁のない筆者ですが、お金配りおじさんを自称する実業家であり大富豪、前澤友作氏のゴージャスなクルマ生活については、ツイッターなどを通じてよく目にします。

その前澤氏がまたやってくれました。どうやら「MZスーパーカーチーム」というプロジェクトチームを結成したらしく、それを記念して、所有する3台の超高額マシンをYouTubeで披露したのです。ちょっとその内容を紹介しましょう。

前澤友作氏の動画
駐車場に駐められた愛車の前に立つ前澤さん。テロップ丸被り(笑)

場所は都内某所の駐車場。ただならぬクルマたちの前に前澤さんが立っています。

前澤さんは最近「MZスーパーカー」というチームを立ち上げたそうで、まずはそのメンバーをご紹介。右は現役レーシングドライバーの横溝直輝さん、左は「平成オーナーズクラブ」代表も務めるクルマギークの「ヤマケン」こと山田健さんです。

今後はこの3人で、「スーパーカーを走らせたり、子供たちに見せたり、レースをしたり、いろんな使い方で楽しんでいけたら」とのこと。

前澤友作氏の動画
レーシングドライバーの横溝直輝さん(右)と、クルマギークのヤマケンさん(左)

今日はこの3人で、後ろにある3台のスーパーカーを紹介しようという趣向です。

まず登場したのは、泣く子も黙るイタリアのスーパーカー、パガーニ・ゾンダ。

前澤友作氏の動画
紫に輝くパガーニ・ゾンダ。前澤氏いわく「虫のような見た目」

このゾンダ、すでに生産を終えたモデルですが、前澤氏の強い要望で1台だけ生産されたワンオフモデルとのこと。

その価格ですが、いろいろと特別装備を加えた結果、3億5000万円だったそうです。

スーパーカーのお約束ともいえる地を這うような車高。「ほとんどのコンビニで擦ります」って、これで行くんかい!

前澤友作氏の愛車紹介動画
タバコ一箱入らないという低い車高。カーボンリップ、擦ったらいくらかかるんでしょう

ボディの紫には相当こだわったそうで、何度もパガーニ社とやりとりしたとのこと。「品のいい紫を実現できた」とご満悦の様子。カーボンが目立つ室内も、ステアリングやシートなどが紫でまとめられています。

前澤友作氏の愛車紹介動画
パガーニのこだわりともいえるゴージャスなコックピット

リアに目を向けてみると、なんとリアタイヤ上部がスパッツで覆われています。空力的にル・マンカーなどが取り入れる手法ですが、ロードカーでこれをやるとは。

前澤友作氏の愛車紹介動画
上部がスパッツで覆われたリアタイヤ

ボディ後端のテールランプ付近には、空気の乱流抑制を狙ったダックテールスポイラーが。前澤氏いわく「このお尻分かる? エロ過ぎる……」

前澤友作氏の愛車紹介動画
リアエンドの造形に改めて惚れ惚れする前澤氏

そしてこのクルマのハイライトがこれ。前澤氏が創業した会社を記念して、車名をゾンダ「 ZOZO」にしてもらったとのこと。しっかりエンブレムも作られています!

前澤友作氏の愛車紹介動画
リアに貼られたエンブレムにはしっかり「ZOZO」の文字が!

それだけではありません。ゾンダが積むメルセデスAMG製の12気筒エンジンのヘッドカバーにも、しっかりZOZOと刻まれています。

前澤友作氏の愛車紹介動画
ZOZOの文字はエンジンヘッドカバーにも
『動画』の最新記事
JLTV
地雷を踏んでも生きて帰れる!これがハンヴィー(HMMWV)の後継車「JLTV」だ
トラクターがニュルを激走
えっ、キミが走るの? 500馬力オーバーのトラクターがニュルブルクリンク北コースをアタック!【動画】
500匹以上の昆虫と暮らす男が選ぶ!カラーリングが昆虫に似ているクルマランキング!【動画】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事