地雷を踏んでも生きて帰れる!これがハンヴィー(HMMWV)の後継車「JLTV」だ

■米軍ハンヴィー(HMMWV)の後継車「JLTV」の走行シーン!

JLTV
JLTV

米軍の汎用軍用車両としてあまりにも有名なハンヴィー(HMMWV)。我が国でも米軍基地の周りではよく見かけますし、あのアーノルド・シュワルツェネッガーが自家用車として乗っていたことでも有名です。

ハンヴィーは1985年から運用が開始されましたが、性能的にも新技術の後継機種が必要となってくるということで、その後継車種の開発が2007年から始まり、2018年には運用を開始していたのです。

JLTVのフロントマスク
JLTVのフロントマスク

開発名称はJLTV(Joint Light Tactical Vehicle, 統合軽戦術車両)といい、ハンヴィーの弱点とされた、地雷やIEDと呼ばれる仕掛け爆弾への防御力格段に高め、なおかつハンヴィーの積載量を上回りながら輸送機への積載性も確保するという、相反する課題を克服した次世代の軍用車両です。

最新の軍用車はエアコンも装備。要求性能の一つにタイヤが二輪パンクしても走行が可能なこと、というかなり無茶なものもあります。

すでに5万台以上が調達予定とされているということで、世界各地にある米軍にも配備されていくことでしょう。

■車内は意外とアナログ?

JLTVのコックピット
JLTVのコックピット

車内はグラスコクピットなのかと思いきや、ステアリングの奥にあるメーター類はアナログ式のようです。軍用車両ですから防弾性脳なども考慮されているのでしょうか、フロントウインドウがかなり小さいように思えます。

このJLTVの走行シーンを見ることができるのが、在日米海兵隊太平洋基地チャンネルがYoutubeにアップロードしたJLTVというタイトルの動画。かなり荒れた場所を激しく走る様子が動画となっています。

米軍の調達価格は22万~24万ドル(日本円で2300万〜2500万円くらい)で、この走りを見ると意外と安いと思えてしまいます。

(松永和浩)