ビギナーからベテランまで超おすすめ! 手足のような扱いやすさ【ジクサー150 ・運動性能編】

■自分の手足をあやつるような操縦性

ジクサー150
シンプルなジクサー150は、操縦性もやっぱりシンプル。しっかり乗ればしっかり応えてくれるマシンです。

ジクサー150にまたがって一番に感じたのは「意外に腰高」ということです。

戦闘的なスタイリングから、ガチガチのスポーツバイクをイメージしていたからかもしれません。しかし乗り出してみると、腰高ポジションが良い方向に作用しているのか、車格の割にしっとりと落ち着いた操縦性。いっぽう乗り心地はいかにもスポーツバイクらしくソリッドで、ふわついたところはありません。

ジクサー150
フロントビューで存在感を放つ、がっつり太めのフロントフォーク。41mm径インナーチューブが、高い剛性でジクサー150の機敏な走りを支えます。

ステアリングはきちんとニュートラルで、曲げたいだけ素直に曲がり、いったん曲がればぴたりと安定します。突っ込みからコーナリング中、そして立ち上がりに至るまで、まるで自分の手足を扱うように自然に走り抜けることができます。

■ふだん使いがキモチいいサスペンション

ジクサー150
ジクサー150のリアまわり。押し出しのきいたデュアルタイプのマフラーエンドがすごい迫力ですね。リアサスは7段階のプリロード調整が可能です。

ジクサー150のサスペンションの感触はナチュラルでリニアです。街なかの足として使いやすく、ちょっとしたツーリングにも行け、その気になれば峠も楽しめる万能選手のバランス。基本設計の良さが光るサスペンションです。

サスの挙動や前後タイヤの荷重配分をしっかり感じ取り、ライディングの基本を身に着けたいビギナーライダーには、ジクサー150の素直なサスペンションは最適の選択といえそうです。

■タッチのいいブレーキとABS

ジクサー150
直径266mmのディスクをもつフロントブレーキ。ロゴの「BYBRE」は、「ブレンボ製」を意味する略語で、普及版ブレンボのブランド名です。

フロントブレーキには目立ったクセがなく、ストレートな効き味です。もちろんストッピング・パワーに不足はありません。フロントブレーキ・レバーは、スポーツバイクにしてはやや甘めの柔らかい握りごこち。タウンユースやツーリングでは、コントロールしやすく疲れないレバーだと感じました。

ジクサー150のフロントに採用されているABSは、介入時にも特別な動作感がなく、ほとんどABSを意識させません。パニックのとき、思い切りレバーを握り込みさえすれば、自然としっかり止まってくれる頼もしいブレーキです。

といっても、浮き砂のようなスリッピーな路面でいきなり急制動をかければ、やはり一瞬滑ることはありますし、コーナリング中のブレーキには対応していない点にも注意が必要。ABSを過信せず、パニックを予防する安全運転を心がけたいですね。

■すべてのライダーに愛される小さな本格派

ジクサー150
扱いやすい軽量ボディにゆとりのパワー。ジクサー150は、バイク・ライディングの基本を学ぶのにぴったりのマシンです。

もし普通(中型)二輪免許をとったばかりのビギナーライダーが、どのバイクに乗ろうかと迷っているなら、ジクサー150をお薦めしたいと思います。本格的なバイクの要素をすべて備えていながら、シンプルで軽く扱いやすいマシンだからです。

ていねいに作り込まれたオーソドックスなバイクで身に着けたライディングは、将来どんなハイパワーマシンに乗っても必ず役立つ資産になるでしょう。またバイクライフをスタートさせるには、マシンだけでなく、ヘルメットやウエアなどの装備が必要です。ジクサー150の手ごろなプライスは、バイクと共に暮らす毎日を夢見る若いライダーが最初の一歩を踏み出すとき、きっと頼もしい味方になってくれるはずです。

ジクサー150
バイクの喜びをシンプルに味わえるジクサー150の走り。ビギナーが乗りやすいだけでなく、ベテランライダーをわくわくさせる奥深さを兼ね備えています。

そしてジクサー150は、経験豊かな本物のベテランライダーにも同じようにお薦めしたいバイクです。最新デバイスによって緻密に制御され、あり余るハイパワーを限界まで引き出せる高性能マシンを乗り継ぎ、バイクはもう味わい尽くしたからそろそろ降りようかと思っている人がいたら、その前にぜひ一度ジクサー150に乗ってみてください。

遠い青春時代、おっかなびっくり道路を走り出したばかりのあの頃の素朴なバイクの感動がよみがえり、せっかくだからもうあと10年バイクで走り続けようと考え直すライダーだって、きっとたくさんいるでしょうから。

【スズキ ジクサー150主要諸元】
全長×全幅×全高:2020mm×800mm×1035mm
シート高:795mm
エンジン種類:空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
総排気量:154cc
最高出力/最大トルク:14ps/1.4kgm
燃料タンク容量:12.0ℓ
タイヤ(前・後):100/80-17・140/60-17
ブレーキ:前後油圧式シングルディスクブレーキ
メーカー希望小売価格:35万2千円(税込)

(文:村上菜つみ 写真:高橋克也)

【関連リンク】

ジクサー150 Official Site
https://www1.suzuki.co.jp/motor/lineup/gsx150rlm0/?page=top

村上菜つみさんがスズキ・ジクサー150で出かけたツーリング記事は、月刊誌「モトチャンプ」2020年8月号(7月6日発売)に掲載されています。

モトチャンプ2020年8月号

『バイク』の最新記事
ジョルノ
女子ウケ抜群!? かわいくてオシャレな原付スクーター【ホンダ ジョルノ・デラックス・概要編】
MT-03
都会を駆ける肉食獣は、スタイリッシュなシティボーイ!?【ヤマハMT-03・概要編】
ジクサー150
回しきる快感がクセになる。ライダーの感覚になじむ150ccのミニマムエンジン【ジクサー150 ・動力性能編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事