マツダのボンゴが全面改良であのクルマになった!【新車】

■ボンゴバン/トラックは小型商用車4ナンバー枠のボディサイズのコンパクトサイズに

「マツダ ボンゴ」シリーズは、1966年の初代ボンゴバン登場以降、街中で取り回しやすいボディサイズ、高い積載性などから多くの支持を集め、2020年5月までに累計で約210万台以上が生産された、同社の歴史ある小型商用車です。また、キャンピングカーのベース車両としても根強い人気を集めてきました。

マツダは2020年5月のボンゴ生産終了により、商用車の自社生産から撤退しています。が、このたびマツダは、新しいボンゴシリーズをラインアップしました。

初代マツダ・ボンゴ
1966年に発売された初代マツダ・ボンゴ800

今度のボンゴは、ダイハツからOEM供給を受けることボンゴの名前を維持することになったのです。

ところで、今度のボンゴ、どう見てもトヨタのタウンエースにそっくり。というか、同じクルマと言っていいでしょう。ちなみに、ボンゴブブローニイバンはハイエースをベースにOEM共有を受けて販売しております。

このタウンエース/ボンゴとなる車両についてお伝えします。国内市場では、ダイハツがインドネシア拠点・アストラ・ダイハツ・モータースで2007年秋から現地生産・販売していた「グランマックス」の一部を、2008年初頭からダイハツが輸入、トヨタが「タウンエース/ライトエース(※トヨタの販売網再編で「ライトエース」は2020年6月に廃止され、「タウンエース」に一本化)」として販売していました。2020年6月にはマイナーチェンジを施すとともに、供給元・ダイハツの「グランマックスカーゴ」「グランマックストラック」の2020年6月国内発表・9月発売を受け、マツダの小型商用バン「マツダ ボンゴバン」、小型商用トラック「マツダ ボンゴトラック」もグランマックスのOEM版という形で7月17日に全面改良したというわけです。

すでに予約受付がスタートしていて、9月11日に販売が開始されます。生産は引きつづき、アストラ・ダイハツ・モーターが行います。マツダ・ボンゴバン

新型マツダ・ボンゴバンのエクステリア今回のフルモデルチェンジでは、充実した先進安全技術が全車に標準化され、安全性を向上。「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に全車が該当します。同時に、燃費も向上し、全車で「平成30年排出ガス規制50%低減レベル」を達成し、「平成27年度燃費性能25%以上」を達成。全車で環境性能割は非課税、重量税は免税となるなど、経済性が高まったことで、ユーザーの負担を軽減。

『マツダ』の最新記事
マツダ
次期ロードスターは電動化!? マツダが2025年までに電動化モデル13車種を投入へ
マツダ MX-30
ハンディキャップがある方と健常者がシェアして運転できるマツダMX-30の「Self-empowerment Driving Vehicle」
CX-30
MAZDA3とCX-30の「e-SKYACTIV X」搭載車が一部改良。排ガス性能と燃費を改善
マツダ3
パワーアップ、トルクアップを果たしたMAZDA 3の1.8Lディーゼルエンジンの走りをチェック
マツダ3
10PS/16Nm増強されたMAZDA 3の「e-SKYACTIV X」搭載車の走りをチェック

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事