日産フェアレディZ次期型の新情報! EVブースト搭載でライバルを圧倒か?

■3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターの強力モデル

Motoring誌のインタビューに対し、日産グローバル製品戦略担当副社長のIvan Espinosa氏は、

「今は詳細をお伝えすることはできません。今言えることは、2種類のパワートレインと、ICE(内燃機関)駆動で電化技術が施される可能性があるということです」

と答えたといい、48Vマイルドハイブリッドエンジンを搭載することが予想されます。

日産 フェアレディZ_007
日産 フェアレディZ 新型 予想CG

これまでの情報を加味すれば、3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターの強力モデルが期待でき、実現すればライバルとなるGRスープラ RZの340psを圧倒するスペックとなる可能性がありそうです。

日産 フェアレディZ_005
日産 フェアレディZ 新型 プロトタイプ

すでに公開された、公式ティザームービーをもとに制作した予想CGでは、ウィンドウデザインは、フロントからサイド、リアまで一体感を持たせたデザインに。サイドアンダー部分には、フロントから取り入れた空気をサイドからリアへ流すために大胆にデザインされたダクトも配置される可能性もあるでしょう。

最大の特徴であるフロントは前衛的なロングノーズデザインとなり、ヘッドライトも240Zの丸型をイメージしたデザインですが、プロジェクター2連とブルーLEDで進化。グリル部分には、大型のリップスポイラーを組み込んだ、レトロさを融合したデザインが期待できそうです。

フェアレディZ新型のワールドプレミアは最速で2020年内、あるいは2021年初頭と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW M3 ツーリング_003
BMW M3初のツーリング市販型をミュンヘンで目撃!「コンペティション」は510馬力と予想!
起亜 ニロ_005
起亜が電動化を加速。自慢のEVスペシャリスト「ニロ」第2世代をアルプス山中で補足!
起亜 プロシード_014
ポルシェを模したLED DRLを装備? 起亜プロシード改良型、内外装をキャッチ
メルセデス AMG C63_003
これが最終デザインだ! メルセデス最強コンパクトワゴン、AMG「C63ステーションワゴン」次期型だ
フェラーリ V6_001
フェラーリ・V6ハイブリッドは6月24日デビューか!? 心臓部に「クアドリフォリオ」を採用との噂も

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事