あおられ運転も罪になる! 「妨害運転罪」は追い越し車線をゆっくり走っても免許取り消しの可能性がある!?

■あおり運転だけではない!勘違いしがちな「妨害運転罪」

2020年6月30日から施行された改定道路交通法で新たに創設されたのが「妨害運転罪」。

高速道路のイメージ
高速道路のイメージ

この妨害運転罪は、後方から接触すれすれに近づいて前走車を威嚇するような、いわゆる「あおり運転」などを防止する目的で創設されたものです。

罰則は最大で懲役3年と非常に重く、また行政処分では免許取り消しとなります。さらに度合いによっては運転免許再取得の欠格期間が延長されるという、飲酒運転と同等で酒気帯び運転よりも重い罰則となっています。

高速道路のイメージ
高速道路のイメージ

この妨害運転罪で勘違いしがちなのが、妨害運転にあたる行為は「あおり運転」だけでないこと。実際にはあおり運転以外にも妨害運転として扱われる行為があります。

そのひとつが「あおられ運転」です。

■あおられ運転でも免許取り消しの可能性!?

故意に高速道路を最低速度以下で走る、後続車がいた上で急ブレーキを踏んだり急停車をする、後続車が追い越し車線に移ると同時に追い越し車線に入り進路を妨害するなどの行為、いわゆる「あおられ運転」も妨害運転にあたります。

また速度に関係なく高速道路の追い越し車線を長時間に渡りとどまって走行するなどの行為も、政府広報や警察庁のサイトでは「違反」と明記されています。

高速道路のイメージ
高速道路のイメージ

自分では妨害運転をしているつもりが無くても追い越し車線に長時間とどまって走行を続けてしまう方も多いことでしょう。そういった方も後方から後続車が近づいてきたことをミラーなどで確認した際は速やかに走行車線に移り、後続車を先に行かせてしまうことがお互いのトラブルや違反、事故を防止することにつながります。

高速道路のイメージ
高速道路のイメージ

譲り合う心で事故も違反も減らせるのです。

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

政府広報オンライン「一発で免許取消し!「あおり運転」が厳罰化!」
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/202006/1.html

警察庁 危険!「あおり運転」はやめましょう
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/aori.html

『カーライフ』の最新記事
自動車税
クルマを買い替えたのに、前のクルマの自動車税の納付書が来た。払う義務はある?
エンジンなしEVの購入検討は価格が手ごろになったらが34%
エンジンなし電気自動車の普及はまだ時間がかかる? 購入を検討する人は「価格が手ごろになったら」が34%
自動車税や軽自動車税を新型コロナ禍の影響で払えない場合はどうなるか
5月は自動車税や軽自動車税の納税時期!  新型コロナ禍の影響で払えない場合はどうなるのか?【2021年度版】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事