BMW 2シリーズツーリング「Mスポーツ」がニュルで高速テスト

■M235i xDriveは2.0リットル直列4気筒搭載、305ps発揮

BMWが開発中の新型「2シリーズ アクティブツアラー」プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始しました。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー_005
BMW 2シリーズ アクティブツアラー 新型プロトタイプ

次期型アーキテクチャには、「1シリーズ」新型でデビューした「FAAR」FWDプラットフォームを採用。剛性が高められるとともにドライビング・ダイナミクスが大幅に向上、安全性能も挙がります。

現行モデルと比較してBピラー以降のルーフラインがよりラウンドし、クロスオーバーからのスタイリングキューが組み込まれることが特徴となるほか、リアウィンドウラインを高くすることでスポーティさが演出されます。さらにホイールベースが延長され、3列シートがオプション設定されると予想されています。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー_008
BMW 2シリーズ アクティブツアラー 新型プロトタイプ

市販型では大型グリルや「i4」風のドアハンドルを装備、サイドミラーがAピラーからドアへ移動されます。今回捉えたプロトタイプは、これまでの開発車両よりボディがローダウンされており「M Sport」モデルの可能性もありそうです。

キャビン内では、コンセプト「iNext」を彷彿させるデュアルデジタルディスプレイを装備。スイッチ風ギアシフターが見てとれるほか、ヘッドアップディスプレイやジェスチャーコントロールなども搭載するといいます。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー_001
BMW 2シリーズ アクティブツアラー 新型プロトタイプ

パワートレインは、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、最高出力150psおよび190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンのほか、最高出力305psを発揮するM Sportをラインアップ、ゲトラグ製8速DCTトランスミッションと組み合わされます。

最新情報では、最高出力116psを発揮する1.5リットル直列3気筒ディーゼルエンジン搭載の「216d」が廃止される可能性があるようです。

駆動方式は標準で前輪駆動が設定されますが、四輪駆動も濃厚で、早ければ2020年内のワールドプレミアが期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
日産 QXインスピレーション_001
米国日産が「I-POWER」の商標を登録申請。「e-POWER」のインフィニティ版か?
ポルシェ タイカン ティザーイメージ
ポルシェEVセダン「タイカン」、ついにベースモデルが世界へ羽ばたく!? ティザーイメージ公開
日産 ティザーイメージ
日産パスファインダー&フロンティア新型、2月4日デビューへ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事