超カッコいい!? 新型シトロエンC4がSUVスタイルに大変身!! 100%電動化モデル「ë-C4 – 100% ëlectric」を設定

■マツダMX-30などがライバルに!?

シトロエンはフランス本国において、Groupe PSAの電動化戦略に基づき、「ë-C4 – 100% ëlectric」、新型「C4」を発表しました。

新型シトロエンC4
新型シトロエンC4には、ピュアEV仕様も用意されている

世界的なSUVブームの中にあって、欧州のコンパクトカー市場は根強い支持を維持しています。欧州全域の街中で見かけるコンパクト(ハッチバック)はヨーロッパ市場の主力ジャンルで、2019年には、Cセグメントの販売実績のおよそ28%を占めているそうです。

新型シトロエン C4
新型シトロエンC4の「ë-C4 – 100% ëlectric」マツダMX-30と比べられることも多くなりそう

新型「ë-C4 – 100% ëlectric」はその名のとおりピュアEVで、新型C4はこのバッテリーEVに加えて、ガソリン、ディーゼルが搭載され、シトロエンが新たな世代に突入したこと示すハッチバックと位置づけられています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。