スズキがトヨタとの資本提携に基づき「RAV4」のOEMモデルを販売へ

■トヨタが「RAV4」を年間3,000台規模でスズキにOEM供給

トヨタ自動車が主力SUVである「RAV4」をスズキにOEM供給するそうです。

トヨタ自動車がスズキにOEM供給する「RAV4」

欧州では2021年に新車のCO2排出量を平均95g以下にするよう、自動車メーカーに義務付ける厳しい新規制を導入予定で、規制を守れない場合1g当たり約1万円/台の罰金が科せられることになります。

2019年にトヨタ自動車と資本提携を結んだスズキは、同規制のクリアに向けてHVやPHVなどに強みをもつ同社からOEM供給を受けるのが効率的と判断したようで、トヨタ自動車は年間3,000台規模のRAV4をスズキに供給するようです。

トヨタ自動車がスズキにOEM供給するのは初とのことですが、逆に同社はスズキからインド市場向けにハッチバックモデル「BALENO(バレーノ)」の供給を受けており、意匠を若干変更した上で「GLANZA(グランツァ)」として販売しています。

トヨタ自動車がスズキからインド市場向けにOEM供給を受けている「グランツァ」のエクステリア

これは2017年2月に業務提携に向けた覚書を締結して以降、両社が検討を続けてきた成果でもあります。

ちなみにスズキ「バレーノ」はインドで生産され、日本や欧州などで販売されているグローバルコンパクトカーで、インドではプレミアムハッチバック車に位置付けられています。

スズキ「バレーノ」のエクステリア

両社は昨年3月、トヨタがスズキにHVやPHVなどの電動車をOEM供給し、スズキが海外で販売する計画を公表していました。

スズキは今回トヨタからOEMされるRAV4を、今夏以降に欧州で別のネーミングを付けて販売するそうで、これを機にトヨタ自動車とスズキの連携がさらに深化することになりそうです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA/SUZUKI)

【関連記事】

RAV4よりカッコいい!? トヨタ自動車が7人乗り高級SUV「フォーチュナー」を発売へ
https://clicccar.com/2020/06/11/984832/

5代目トヨタ「RAV4」が3年ぶりに国内市場向けに復活した背景とは?
https://clicccar.com/2019/04/30/780763/

新型スズキ「ジムニー」がワールド・カー・アワードのTOP3にランクイン
https://clicccar.com/2019/03/31/730671/

納車1年待ちのスズキ 「ジムニー」と「ジムニー シエラ」。選ぶならどっち?
https://clicccar.com/2018/09/26/633059/

大人気の「ジムニー」納期短縮に向け、スズキが月産能力を1.5倍に増強へ
https://clicccar.com/2018/09/15/629148/

【関連リンク】

TOYOTA GLANZA
https://www.toyotabharat.com/showroom/glanza/

SUZUKI BALENO
https://www.suzuki.co.jp/car/baleno/

『スズキ』の最新記事
スズキ ジムニーシエラ
日本仕様ジムニー・シエラをインドのグルガオン工場でインド製ジムニーとして生産、輸出を開始
通好みのクロカン、スズキ「エスクード」の次期モデルは1.4LターボHVで今秋登場!?
スズキ エスモール
スズキの純正アクセサリーやハンガリー産ワイン、トマトジュースまで買えるECサイト「S-MALL(エスモール)」が2021年1月11日公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事