TOM’SからGRスープラをアグレッシブに仕立てるスタイリングパーツ、エキゾーストシステムが新登場

■エキゾーストシステムの「トムス・バレル」は車検対応品

以前お伝えしたように、2020年1月の東京オートサロンにおいて、TOM’S(トムス)の谷本 勲社長は、「BMWに対するアルピナ、メルセデス・ベンツに対するAMGのような存在でありたい」と同社のブランド像を語っています。

とくにイメージしているのは、BMWのチューナーにして自動車メーカーとしての地位をも確立しているアルピナのようです。

GRスープラ トムス
トムスのフロントディフューザー、サイドディフューザー、リヤディフューザーを装着したGRスープラ

つまりトムスはトヨタに対して、BMWにおけるアルピナのような存在を目指していることになり、現在はやはりGRスープラが格好の素材といえるでしょう。

このほどトムスは、GRスープラ用のスタイリングパーツ(フロントディフューザー、サイドディフューザー、リヤディフューザー)、エキゾーストシステム「トムス・バレル」を発表しました。

スタイリングパーツは6月中旬、エキゾーストシステムの「トムス・バレル」は、7月上旬から全国のトヨタディーラー、TOM’Sパーツ取扱店で販売が開始されます。

GRスープラ トムス
トムスのスタイリングパーツをまとったGRスープラ

今回登場したのは、ピュアスポーツカーとしてのアイデンティティを極めるドライカーボン製エアロパーツ3点、そしてエキゾーストシステムの「トムス・バレル」。前者は、本来のシルエットに違和感なく調和しながら、よりアグレッシブなスタイリングを構築します。

GRスープラ トムス
トムスのサイドディフューザー

後者は、パフォーマンスの向上と迫力あるサウンドをオーナーに提供し、GRスープラ用マフラーの中で厳しい国内騒音基準をクリアした、数少ない保安基準適合品。2019年発売のRZグレード(DB42型、年式:2019/5〜2020/4)に装着できます。

GRスープラ トムス
トムスのフロントディフューザーを装着

スタイリングパーツはいずれもドライカーボン製で、価格はフロントディフューザーが30万円、サイドディフューザーが32万円、リヤディフューザーが28万円。エキゾーストシステム「トムス・バレル」チタンテールが56万円。いずれも税抜き価格です。

GRスープラ トムス
エキゾーストシステムの「トムス・バレル」は7月上旬から発売

街中でも少しずつ見かけるようになってきたGRスープラ。ノーマルとはひと味違うレーシーなムードとサウンドを楽しめるトムスのスタイリングパーツ、エキゾーストシステムがGRスープラの選択肢に加わっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。