北米や中国で若い層から支持を得ている新型アコード。ゆとりある車内とラゲッジの広さ【新型アコード試乗記】

■細くしたAピラーを後ろに引いてワイドな視界を確保

以前お伝えしたように、新型アコードはメインマーケットの北米ではオーナーの平均年齢が50代から40代に、中国では平均29歳と、若い層からの支持が高まっているそうです。

ホンダ アコード
新型アコードのエクステリア

アコードに限らず、近年のセダンはユーザー層の若返りが重要なテーマ。スタイリッシュなエクステリアが与えられた同セダンは、従来型よりも55mmもホイールベースを伸ばし、タイヤを四隅においた堂々たるプロポーションが目を惹きます。

さらに、代を重ねるごとに着座位置が高くなっていたというアコードは、ヒップポイントを25mm下げることで、欧州スポーツセダン並の低い位置に座らせる姿勢になっています。着座位置が低くなったことで、乗降時の身体の動きは大きくなったものの、セダンとしてとくに窮屈な印象はあまり受けません。

ホンダ アコード
新型アコードのフロントシート。適度なサポート性を備えながら、ゆったり座れる広さを実感できる

また、足を投げ出すようなシートポジションは、人により好みが分かれそうですが、シートハイトなどのシートの調整代も大きく、また背もたれも従来より約90mm高くなり、快適な座り心地になっています。

ホンダ アコード
新型アコードのインパネ。ワイドな前方視界が広がる

低く座らせることで気になってくるのは前方視界。Aピラーを後方に100mm引いてワイドな視界を確保すると共に、Aピラーの断面も細くなったことで、すっきりとした視界が広がっています。

ロングホイールベース化により後席のフットスペースも従来型よりも70mm、膝まわり空間は50mm拡大しています。身長171cmの筆者の筆者がドラポジを取ると、膝前に拳2つ半強、頭上には、手の平3枚ほどの余裕が残ります。

ホンダ アコード
後席も従来モデルよりも広くなっている

また、トランクの広さも新型アコードの美点。インテリジェントパワーユニット(IPU)を後席座面下に収めたことでトランク容量は573L(VDA)と、同クラスでもトップレベルといえる広さ。開口部が広く、奥行き、荷室高も余裕があります。また、地上からの開口高も従来よりも25mm低く設定されているため、ゴルフバッグなどの出し入れも楽にできそう。

ホンダ アコード
後席は一体可倒式なので、前倒し時は2人乗車までになる

なお、後席の前倒しは左右一体式で、背もたれを前に倒したときに乗車できるのは、前席2人のみになります。他の(市場)仕向け地には、6:4分割可倒式も用意されているそうで、市場のニーズを想定して後席の前倒し機構を選んだといいます。

日本では、セダンの6:4分割機構はあまり使われていない、という判断だと思われます。

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠)

【関連記事】
上質な乗り心地、高い静粛性の中から垣間見えるスポーティセダンとしての高い資質【新型アコード試乗記】
https://clicccar.com/2020/06/04/982399/

『ホンダ』の最新記事
new_legend
自動運転レベル3は世界初!「ホンダセンシングエリート」を搭載したレジェンドは1100万円で100台限定
レジェンド外観02
運転支援を超え、部分自動運転を実現したホンダレジェンドを1100万円でリース販売開始!【ホンダ・レジェンド発表】
ホンダ レジェンド
自動運転「レベル3」、世界初の実用化を果たしたホンダ・レジェンドが1100万円で発売開始

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています