スーパー耐久・スーパーフォーミュラの改定スケジュール発表。スーパー耐久は開幕戦が24時間!

■開催方式は都度検討も、国内主要レースのスケジュールが出そろう

6月10日、スーパー耐久のオーガナイザーであるスーパー耐久機構(STO)とスーパーフォーミュラのオーガナイザーである日本レースプロモーション(JRP)が相次いで改定スケジュールを発表しました。

これで先に発表されたSUPER GTを含めて、国内主要レースの改定スケジュールが発表されたことになります。

2月のスーパー耐久富士公式テスト
2月のスーパー耐久富士公式テスト

スーパー耐久はピレリスーパー耐久シリーズ2020として下記の通りのスケジュールとなります。

【公式テスト】
7月30日 富士スピードウェイ(ナイトランあり)

【第1戦】
9月4~6日 富士スピードウェイ 24時間レース

【第2戦】
10月10~11日 スポーツランドSUGO 3時間レース×2

【第3戦】
10月31~11月1日 岡山国際サーキット 3時間レース×2

【第4戦】
11月21~22日 ツインリンクもてぎ 5時間レース

【第5戦】
12月12~13日 オートポリス 5時間レース

【第6戦】
2021年1月23~24日 鈴鹿サーキット 5時間レース

ナイトランをするGRヤリス
ナイトランをするGRヤリス

開幕戦はなんと富士24時間レース! いきなり24時間レースということで各チームとも7月末のテストは気合を入れてくることが予想されます。

そして今年のスーパー耐久はGRスープラやGRヤリスの参戦もあり、これまで以上の注目度のあるシリーズが予想されます。しかしながら観客を入れての開催かどうかは今回の発表では言及がなく、その都度の状況を見て判断していくこととなりそうです。

また今年は10月と11月にレースが集中していることなどから、全6戦中5戦分のポイントでランキングを決定するとのことで、チームの負担を軽減するとのこと。

2019もてぎ戦
2019もてぎ戦

12月中旬のオートポリスと年をまたいで1月後半の最終戦鈴鹿は降雪の可能性も否めません。どのレースのポイントを使ってランキングを獲っていくか、チームごとのシビアな作戦にも注目でしょう。

2019もてぎ戦スタートカウントダウン
2019もてぎ戦スタートカウントダウン

そしてスーパー耐久のイメージガール「D’STATION FRESH ANGELS」のライブパフォーマンスも行われるのかどうか。こちらも気になるところです。

■スーパーフォーミュラは鈴鹿でダブルヘッダーの全7戦を開催

スーパーフォーミュラは鈴鹿サーキットで開催される予定だった開幕戦を吸収し、全6大会7戦での開催となります。

2019年最終戦鈴鹿
2019年最終戦鈴鹿

スーパーフォーミュラの開催スケジュールは下記の通りとなります。

【第1戦】
8月29~30日 ツインリンクもてぎ

【第2戦】
9月26~27日 岡山国際サーキット

【第3戦】
10月17~18日 スポーツランドSUGO

【第4戦】
11月14~15日 オートポリス

【第5・6戦】
12月5~6日 鈴鹿サーキット

【第7戦】
12月19~20日 富士スピードウェイ

なお、全ての大会で全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権とTCRジャパンシリーズが併催されます。

2019スーパーフォミュラチャンピオン ニック・キャシディ選手のマシン
2019スーパーフォミュラチャンピオン ニック・キャシディ選手のマシン

SUPER GTでは富士スピードウェイ、鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎの3サーキットに絞っての開催発表でしたが、スーパー耐久とスーパーフォーミュラは主要6サーキットをめぐるスケジュールとなっているところがポイントです。

特にSUPER GTが開催されないスポーツランドSUGO、岡山国際サーキット、オートポリスの周辺の方々にとっては大きな楽しみとなることは間違いないでしょう。

だからこそコロナ禍が早く終息して観客動員開催となることを願って止みません。

(写真・文:松永和浩)

【関連記事】

前半4レースは無観客開催! SUPER GTの改定スケジュール発表
https://clicccar.com/2020/06/07/983795/

『モータースポーツ』の最新記事
#290 Floral UEMATSU FG 720S GT3
スーパー耐久シリーズRd.2 SUGO・ST-Xクラス「マクラーレン720S GT3×元F1パイロット井出有治」、ラストのガチンコバトルは2位へ0.3秒まで詰めるも届かず!
#290『Floral UEMATSU FG 720S GT3』
元F1パイロット井出有治×マクラーレン720S GT3、ドシャ降りのS耐もてぎは2位!頑張りました~
日産・ブルーバードからランチャ・ストラトスまで70年代から90年代のラリーカーが協演
ダットサン・ブルーバード!240Z!ランチア・ストラトス!70〜90年代WRCラリーカーの日欧対決【オートモビルカウンシル2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事