シボレー・カマロの2020年モデルが発売開始。一部仕様変更で約15万円の値下げ【新車】

■通信車載ナビの「クラウドストリーミングナビ」からインフォテイメントシステムに変更

映画『トランスフォーマー』にも登場する現行シボレー・カマロ。それまでV8かV6というアメリカンマッスルモデルでしたが、現行型は2.0L直列4気筒直噴ターボも設定するなど、現代的なスポーツモデルに仕立てられています。

シボレーカマロ
写真は「リバーサイドブルーメタリック」

2020年6月9日、シボレー・カマロの2020年モデルが発売されました。「東京オートサロン2020」で公開された最新モデルで、すでに予約受注も開始されていました。

■ボディカラーもカタログモデルは4色に変更

当初、搭載予定だった通信車載ナビの「クラウドストリーミングナビ」から「Apple CarPlay」「Android Auto」対応のインフォテイメントシステムに変更されています。

シボレーカマロ
シボレー・カマロ2020年モデルのインパネ

手持ちのスマホ・アプリを車内で使えるため、時代の流れに沿った変更といえそうです。車載インフォテイメントシステムの採用により、価格設定もより低く抑えられています。

また、ボディカラーは、当初予定されていた5色から、「リバーサイドブルーメタリック」「ブラック」「サミットホワイト」「レッドホット」の4色に変更されています。

シボレーカマロ
写真は「レッドホット」

さらに、「ラリーグリーンメタリック」をまとう限定モデル「シボレー カマロ HERITAGE EDITION」も同様に一部改良を受けています。“HERITAGE EDITION”は、初代で人気だったボディカラーをスタイリッシュに蘇らせた仕様です。なお、オーナーが待望する納車時期は、2020年8月下旬の予定。

シボレーカマロ
限定車のボディカラー「ラリーグリーンメタリック」

新価格は「シボレー カマロ LT RS」が541万円、「シボレー カマロ コンバーチブル」が629万円、「シボレー カマロ SS」が695万円。

30台限定の「シボレー カマロ LT RS “HERITAGE EDITION”」が550万円、20台限定の「シボレー カマロ コンバーチブル “HERITAGE EDITION”」が630万円、40台限定の「シボレー カマロ SS “HERITAGE EDITION”」が733万円です。

シボレーカマロ
シボレー・カマロのフロントシート

なお、今回の価格改定前は「LT RS」が556万円、「コンバーチブル」が643万円、「SS」が710万円でした。さらに、「シボレー カマロ HERITAGE EDITION」は、「LT RS」が565万円、「コンバーチブル」が645万円、「SS」が748万円でした。14万〜15万円の価格ダウンとなっています。

搭載されるエンジンは、「LT RS」と「コンバーチブル」が2.0L直列4気筒ターボ(8AT)。「SS」が6.2L V8(10AT)となっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。