トヨタ RAV4 PHVに「アーバン クロススタイル」を掲げたモデリスタのカスタマイズパーツが登場【新車】

■先進性と上質さ、スポーティムードを高めた「URBAN SOLID STRIDER」がコンセプト

トヨタのみならず、SUVの中でもライズに次いで売れているのがRAV4です。2020年6月8日、同車の最上級モデルとしてRAV4 PHVが追加されました。

さらに同日、トヨタ車のカスタマイズカー、カスタマイズパーツなどを手がけるトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、「モデリスタ」ブランドのRAV4 PHVのカスタマイズパーツを発売しています。

モデリスタ RAV4 PHV
モデリスタのカスタマイズパーツを装着したRAV4 PHV

RAV4 PHVのモデリスタ仕様は「URBAN SOLID STRIDER」をコンセプトに掲げています。

硬質な造形とシャープなディテールの組み合わせにより、RAV4 PHVの先進性をさらにアップデート。とくに、都会の街並みに似合う上質さを兼ね備えた「アーバン クロススタイル」を目指して開発されています。

まず目を惹くのは、フロントスポイラー。シャープなデザインのスモークメッキ加飾により、プレミアムスポーツのような雰囲気を醸し出しています。

モデリスタ RAV4 PHV
モデリスタRAV4 PHVのフロントスポイラー

さらに、左右にはエアアウトレットと面発光のLEDイルミが配置されていて、迫力と機能美を兼ね備えたディテールも特徴。さらに、ガーニッシュにブラックアウトとメッキ加飾が施されていて、上質感もあるスポーティなフロントマスクになっています。

モデリスタ RAV4 PHV
写真はリヤスパッツ、バックドアガーニッシュを装着

足元の20インチアルミホイール&タイヤセットは、モデリスタオリジナルデザインの新作である「WingDancer XIV」が設定されています。シャープなアウトラインの切削面を持つ5本スポークと、ブラックアウトされたフィンスポークが先進的な高級感とスポーティテイストを強調。

モデリスタ RAV4 PHV
写真はフロントグリルガーニッシュ

価格は、フロントスポイラーの素地が9万9000円、塗装済が10万7800円。サイドスカートの素地が7万7000円、塗装済が8万8000円。リヤスパッツの素地が3万8500円、塗装済が4万4000円。

モデリスタお馴染みのクールシャインキット(フロントグリルガーニッシュ、ヘッドランプガーニッシュ、バックドアガーニッシュ)は、9万3500円。なお、クールシャインキットは単品での購入も可能です。

モデリスタ RAV4 PHV
リヤスパッツと20インチのアルミホイール&タイヤセット(ロックナット付)

新作デザインの「WingDancer XIV」は、20インチのアルミホイール&タイヤセット(ロックナット付) が43万4500円の設定になっています。タイヤは、ミシュランの「PILOT SPORT 4 SUV」で、サイズは20×7.5J&245/45R20(インセット36)です。

モデリスタ RAV4 PHV
新作デザインのアルミホイール「WingDancer XIV」

ほかにも、LEDルームランプセット(面発光タイプ) が4万700円、ラゲッジLEDが2万5300円、LEDスマートフットライトが2万4200円などとなっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。