梅本まどかの86レースデビュー戦とCABANAさんの愛用品【隔週刊☆うめまど通信 vol.13】 

●私、梅本まどかの愛用品を紹介しちゃいます!

皆さまこんにちは! 元SKE48梅本まどかです。うめまど通信vol.13です★

ちょっとずつですが、モータースポーツのスケジュールが発表されてきましたね!

ほとんどは無観客で行われるものですが、そのお知らせが届き「やっと再開だー!」と思わず叫んでしまった梅本まどかです。

梅本まどかです!
嬉しいピース写真☆

とはいっても全日本ラリーは中止になったものも多く、今年2020年はもう参戦できるラウンドがないかもしれないので、切り替えてWRCラリージャパンに向けて練習に励もうとチームで動き始めている所です。

ラリージャパンも不安はありますが、オフィシャルWebサイトも更新されていて、今の所は開催に向けいろいろな場所で運営の方々が頑張っているそうです。

開催した時に準備万端と言えるように、今はやれることをやる!のが1番ですね! ラリーは本番もですが、準備が凄く凄く大事ですから。

F1やスーパーGTなども気になりますが、無事今年のレースがスタートし、終われるといいなぁと思います☆

明るい発表もある中ですが、やはりまだ予防はしなくてはなりません。

そんな中で大切になってくる「マスク」ですが、実は私のラリーチームのスポンサーである「CABANA」さんがマスクを作ったということで私の元に届きました!

CABANAさんのマスク
こちらがCABANAさんのマスクです。

マスクはこれからもしばらくは毎日使う事になってくるもの。今は布マスクから手拭いをアレンジしたものなどいろんな種類が出ていますよね。

「CABANA」さんはラリーチームではラッピングやチームウェアなどを作って下さっているのですが、母体は下着メーカーさんなのです。

ちなみに私が初めてレースデビューした時はCABANAさんの86で、2016年7月に行われたグリーンカップというエコレースへの参戦でした!

「このレース出てたよ!」「出た事ある!」って方もいるかな?

もう4年も前の話ですが、2017年2月にはリベンジとしてもう1回参戦しています。

2回ともCABANAさんの86で参戦していたのですよ!

そんな長いお付き合いのCABANAさんのマスクですが、なんと『50回洗濯しても大丈夫』という、かなり使い回しができるものなのです。

しかも、触ってみると凄くツルツル!!!!

「え? これマスクなの!?」と正直驚きが隠されないくらい、びっくりしました!

マスク!
マスクをつけてパシャリ。耳にかけている部分の透けている感じでなんとなくなツルツル感伝わるかな?

しかも、耳の所も全然痛くないんです! これから長くお付き合いするマスクだからなるべく楽に付けたいところなので、この耳が痛くならないという部分は凄くありがたいです。

マスクの内側
マスクの内側はこんな感じになっています。

CABANAさんが自分も周りの人も守り、健康でいられるようにと送って下さったのですが、こうしていつもスポンサードして下さり、考えて下さっている事に本当に感謝です。

頂いてからは毎日愛用させて頂いている大切なマスクです!!

前から見たマスク
前からみるとこんな感じで真っ白にツヤがある感じ。

ちなみに私はXSを着用していますが、SとMの3サイズあります。色も私が着けているのは白色ですが、黒・デニム・ユニオンジャックの赤とグレーと、種類も沢山増えているのです。

また、クランゼ手袋も一緒に販売しているので、気になった方はぜひ、CABANAさんのTwitterやWebサイトでチェックしてみて下さいね☆

CABANAさんもですが、他のモータースポーツに関わっているパーツメーカーさんなども、バイザーなどいろいろな物をコロナウイルス対策で新たに作ったりしています。

一見高級だなと思いがちですが、モータースポーツに携わっているメーカーさんって、クルマも含めて最先端の技術を使っていたり、そこで培ったものを普段の生活にフィードバックしている事が多いので、凄く良い物だと感じる事が多いです。

そして、直ぐにそういった動きが出来るメーカーさんの優しさや素晴らしさを改めて感じました!

皆さんも自分自身はもちろん、周りの人の健康も守り早くレースやラリー、イベントなど無観客でなく、通常通り開催できるよう、引き続き頑張っていきましょう☆

●せっかくなのでCABANAさんブランドで愛用している物を他にも紹介しちゃいます!

先程、チームのウェアもCABANAさんが作って下さっているお話をしたのですが、実はこのウェアもそうなのです!

2020年のチームのウェア
2020年の私たちのチームのウェアです!

この袖の「T×2」というのがCABANAさんの兄弟会社であり「T by  Two CABANA Racing」を運営するティーバイツーを表しています。気づいていた方もいるかな!?

このウェアは今年の東京オートサロン2020に新しく出来たもので、デザインはラリーチームの監督がかなりこだわって、素材や色も一緒にCABANAさんの所に行き、いろいろ話をして決まりました。

このウェア、とても可愛いくてお気に入りなのですが、どうかな?

ちなみにドイツで着ていた2019年のウェアも同じくティーバイツーさんの物です。

2019年のチームウェア
麻美さんの腕にT×2のロゴがひょっこり見えるの分かるかな?

今まではチームだけのウェアだったのですが、2020年のウェアはもう少し落ち着いたら、ほとんど同じデザインの物がネットで買えるとか買えないとか…!?

WRCラリージャパンの時に一緒に着て応援して頂けたら嬉しいなという想いもあり、今いろんな方が動いて下さっています。またその時が来たらお知らせしますので、楽しみに待っていて下さると嬉しいです☆

そして、ラリーとは別にずっと愛用しているのは…。

私の名刺入れ
この名刺入れ、もう4年愛用しています♪

名刺入れです!! シンプルで色合いも良く、中にはちょっとオシャレなデザインもあってお気に入りなのです!

他にもタオルなどいろいろあるのですが、私の特にお気に入りな物、名刺入れの紹介でした☆

●デビュー戦は緊張と不安で胸がいっぱい。

最初の方に私のデビュー戦はCABANAさんの86で参戦したグリーンカップというエコレース、というお話をしましたが、これが2016年7月30日。

正式な大会名は「86/BRZ Fuji Green Cup」で「CABANA Racing with HYPER REV」チームからの参戦でした。

もうすぐ4年になるのですが、この時のドキドキと緊張は今でも覚えています。

CABANAさんの赤色の86で参戦したのですが、この時は久しぶりのMT車。

みんなでパシャリ
みんなでパシャリ。懐かしい写真です。

シフトを上手く変えれるかの不安。レース初めてでちゃんと走れるのかの不安。富士スピードウェイ走った事ないけど…の不安で、胸が張り裂けそうでした(笑)。

でも走る前に少しギア操作の練習をさせてもらえたり、チームの方々はプロの方やベテランの方ばかりだったのでいろいろ優しく教えて下さり「とにかく繋ぐこと」「無茶をしない」「冷静に」を意識して、無事走りきることができました!

正直、近くをいろんなマシンと走っている時は心臓がドクドクなり「キャー」と叫びたいくらいでしたが、「落ち着かないと…」と言い聞かせてなんとか冷静を保とうと頑張っていました。

ストレートを走るとチームの仲間がサインを出してくれていたので、その合図が見えた時の「ホッ」とする気持ちや、その後の「よし!」と意気込めたのはやはりチーム競技だったなと改めて感じた部分でした。

私も走らない時はサインボードを出したり、声援を送ったりしていたのですが、みんなで戦っているのがとても楽しくて、振り返ると凄く貴重な体験でいい思い出です。

このレースは燃費がかなり重要で、このレースでの順位は30位だったのですが、実はこの後にもう1回同じレースに参戦しているのです。

2回目、チームの方々が本気で作戦を立てて下さり、私も2回目だから初参戦のときほど緊張はしませんでしたが、無線で話ながら走るのが少し楽しくもあり、でもやっぱり近くに沢山マシンがいる所で走るのは胸が張り裂けそうなくらいドキドキしたり。

デビュー戦とはまた違った感覚や思い出が詰まったレースになりました。しかもこの時は雨が降り、途中からはプロのドライバーさん方の走りを応援しながら観ていました(笑)。

チームの作戦が上手くいき、またプロドライバーさんたちの綺麗な走りで3位に!! 私にとってグリーンカップはとても思い出深いレースになりました。

今走ったらまた感覚は違いそうですが、やっぱりあのドキドキは耐えられないので私はラリーのほうが向いているかもしれません(笑)。

レースを観ているドキドキ感は大好きなのですが、レーサーやドライバーさんの心臓の強さはやっぱり凄いです!!!!

と、少し脱線してしまいましたが、私のデビュー戦はそんなレースでした☆

次回はラリーのデビュー戦の裏話もお話ししようかな!

おウチでパシャリ
おウチでパシャリ!

(梅本 まどか)

『うめまど通信』の最新記事
e-Sportsイベント
梅本まどか、初めてのe-Sportsイベントに参加してきました☆【うめまど通信vol.24】
RAV4と梅本まどか
梅本まどか、グランエースに続いてRAV4とルーミーに乗っちゃいました☆【うめまど通信vol.23】
グランエースと2ショット
梅本まどか、トヨタ・グランエースに乗って名古屋→仙台12時間のロングドライブへ♪【隔週刊☆うめまど通信vol.22】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事