日産の意欲作・新型SUV「キックス」が国内向けティザーサイトをオープン【新車】

■公開されているのはディテールばかりだが、「e-POWER」の文字も

間もなく日本上陸する予定の新型SUV「日産KICKS(キックス)」のティザーサイトがオープンしています。まったくと言っていいほど文字情報はなく、スタイリングのディテールからお披露目しようという内容になっています。

数少ない情報のひとつが、ティザーサイトのタイトル画像に書かれた「日産キックス e-POWER」という文字。これまでコンパクトカー「ノート」、Mクラスミニバン「セレナ」に搭載されてきたエンジンと発電機、駆動用モーターを組み合わせた電動パワートレインをSUVとして初めて搭載するというわけです。

nissan_kicks_teaser
ボンネットの下には1.2Lエンジンとモーターを組み合わせた「e-POWER」を搭載する

さて、ティザーサイトに掲載されている印象的なキャンディ系のオレンジボディはSUVらしい金属感と同時にキビキビとした走りを予感させるもの。

すでに同モデルが発表されているタイ仕様のスペックを参考にすると、ノートよりもパワフルな電動パワートレインに仕上がっているようですし、日産の電動パワートレインに共通のワンペダルドライブの楽しめるようですから、そのパフォーマンスには期待が高まるといえそうです。

nissan_kicks_teaser
すでに発売されているタイ仕様のボディサイズは全長4290mm・全幅1760mm・全高1615mm。ホイールベース2615mm

タイで販売しているキックスのボディサイズを参考にすると、国内SUV市場でのライバルとなるのはホンダ・ヴェゼル(全長4330mm・全幅1770mm・全高1605mm。ホイールベース2610mm)やマツダCX-3 (全長4275mm・全幅1765mm・全高1550mm。ホイールベース2570mm)あたりでしょうか。

2020年秋に登場するニューモデル、トヨタ・ヤリスクロス(全長4180mm・全幅1765mm・全高1560mm。ホイールベース2560mm)よりキャビンの余裕もありそうで、ファミリーユースとしての使い勝手のよさも期待できそう。

いずれにしても、2020年は新型SUVの当たり年となりそうですが、その一角を担うことは間違いありません。

nissan_kicks_teaser
シャープな形状で、シグネチャーもしっかりと入れられたヘッドライトはおそらくフルLED
nissan_kicks_teaser
個性的なテールレンズの意匠は、クラスを超えた存在感をアピールする
nissan_kicks_teaser
かつて軽自動車SUVに「KIX(キックス)」というモデルもあったが、新しいSUVの綴りは「KICKS」となる

(山本晋也)

【関連リンク】

日産:キックス「KICKS」電気自動車(e-POWER)先行公開サイト
https://www3.nissan.co.jp/kicks_teaser.html

『日産自動車』の最新記事
ワールドプレミア目前! 日産で最もコンパクトな新型SUV「マグナイト」とは?
コロナ時代に必要なファミリーカー
車内でもソーシャルディスタンスが重要!? 日産の調査で分かったコロナ時代に必要なファミリーカーとは?
日産エルグランド
マイナーチェンジを受けた日産エルグランドに、大人のカスタム「AUTECH」が新たに登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事