メルセデス AMG GTのトップモデル、2千万円超えのブラックシリーズがニュル再登場

メルセデス AMG GTR_002

■AMG伝統の4.0リットルV8ツインターボエンジンを搭載

メルセデスAMGが開発を進めるGTシリーズ最強モデルAMG「GT Rブラックシリーズ」市販型プロトタイプが、再びニュルブルクリンクへ帰還しました。

メルセデス AMG GTR_003
メルセデス AMG GTR ブラックシリーズ 開発車両

コロナウィルスがメルセデス・ベンツのタイムラインを延期させたかどうかは不明ですが、GT Rブラックシリーズの開発が継続されていることは確かです。

捉えたプロトタイプは、パナメリカーナグリルを備える迫力のフロントグリル、ボンネットフードにエアベント、リアには巨大ハイウィング、アグレッシブなリアディフューザー、クワッドエキゾーストパイプを装着、強力なAMGモデルのすべての特徴が見てとれます。

メルセデス AMG GTR_005
メルセデス AMG GTR ブラックシリーズ 開発車両

心臓部には「AMG GT63S 4ドアクーペ」と共有するAMG伝統の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、ブーストアップにより最高出力は711ps・最大トルク800Nmを発揮するとみられます。これは、AMG「GT R」より134ps・100Nm高い数値です。

車重は「GT R Pro」とほぼ同じ1575kgと予想され、最高速度320km/h、0-100km/h加速は「GT R」と「GT R Pro」が3.6秒なのに対して、ブラックシリーズは3秒のハイパフォーマンスとなります。

メルセデス AMG GTR_008
メルセデス AMG GTR ブラックシリーズ 開発車両

ワールドプレミアは、コロナウィルスのパンデミックにより、変動的とみられますが、2020年内の登場が期待され、価格はGT R Proの200,645USドル(約2,100万円)を超えると予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
レズバニ ヘラクレス_002
6輪駆動のレズバニ ヘラクレス 6×6、今夏デビューへ!
日本市場を睨んで開発中!? オペル モッカX 次期型をスウェーデンでキャッチ
ジャガー XF_001
ジャガーXF改良型、スポーツブレイク&ロングボディをWスクープ!
BMW 2シリーズ アクティブツアラー_005
BMW 2シリーズツーリング「Mスポーツ」がニュルで高速テスト
メルセデスベンツ EQA_002
メルセデス・ベンツ GLAのEVモデル「EQA」市販型のスペックが判明
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事