アウディ版タイカン「e-tron GT」は前後にモーターを搭載、590hpの高出力を発揮

■ポルシェ初の量産EVスポーツ「タイカン」と同じ「J1」プラットフォーム&バッテリーを採用

アウディが開発中の4ドアEVクーペ「e-tron GT」の最新プロトタイプを、北ヨーロッパでカメラが捉えました。

アウディ e-tron GT_002
アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ

再びキャッチした開発車両は、かなり偽装も取れ、2019年に発表された「e-tron GTコンセプト」を模倣したLEDデイタイムランニングライト(市販型パーツとは断定できない)、2本のバーを装着したコーナーエアインテーク、デュアルセンサーを備えるセンターグリルが見てとれます。

アウディ e-tron GT_007
アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ

リアエンドはカモフラージュされていますが、市販型では左右テールライトを結ぶLEDストリップライトを配置する可能性が高いと思われます。。市販型では、ドアハンドルやサイドミラーなど、いくつかのコンポーネントを除いて、コンセプトモデルにかなり忠実なエクステリアが予想されます。

アーキテクチャにはポルシェ初の量産EVスポーツ「タイカン」と同じ「J1」プラットフォームや、バッテリー容量を採用する可能性があるほか、タイカン同様に左右フロントフェンダーに充電ポートを装備していることも確認できるなど、アウディ版「タイカン」と言えそうです。

EVパワートレインは前後にモーターを搭載し、最高出力は590hpを発揮。電子制御の4WDシステムと組み合わされます。0-100km/h加速は3.5秒、12秒で200km/hに到達し、最高速度は240km/h(電子制御)のパフォーマンスを発揮します。

アウディ e-tron GT_004
アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ

90kWリチウムイオンバッテリーを搭載した場合、WLTPサイクルで248.5マイル(400km)の航続となり、800ボルトの急速充電では約20分で80%レベルまで充電が完了です。

コロナウィルスの影響でワールドプレミアは流動的ですが、オンラインデビューとなる可能性もあるでしょう。

(APOLLO)