ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモが大幅変更へ。前後デザインを刷新

■注目はVWから流用される48Vマイルドハイブリッド技術

ポルシェ・パナメーラに設定される派生ワゴン「パナメーラ スポーツツーリスモ」の改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ_003
ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良型 プロトタイプ

キャッチした開発車両はフロントエンドの水平セクションをカモフラージュするほか、コーナーエアインテークには2本のフェイクLEDデイタイムランニングライトが見てとれます。

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ_009
ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良型 プロトタイプ

リアエンドでは、バンパーの上下が微調整されるほか、テールライトが若干コンパクトにされると予想されます。クワッドエキゾーストパイプが曲がっていますが、もちろんこのまま生産されるわけではなく、単なるプレースホルダーパーツであると思われます。

ボンネットの下では、フォルクスワーゲングループの2.9リットルV型6気筒+マイルドハイブリッド技術が投入されます。

コロナウィルスの影響によりモーターショーの中止が相次ぐ中、パナメーラ スポーツツーリスモ改良型のデビューも未定ですが、おそらく年内にバーチャルプレミアされることが予想されます。

(APOLLO)