メルセデス・ベンツ Cクラス次期型は「EQ」ブーストを全車に搭載。ライバルはBMW「330e」PHEV【動画】

■直列4気筒エンジン+電気モーターPHEV搭載で、EV航続距離は70km?

メルセデスベンツの主力モデル「Cクラス」の次期型(W206)プロトタイプを厳冬の北ヨーロッパで目撃しました。

メルセデスベンツ Cクラス_006
メルセデスベンツ Cクラス 次期型プロトタイプ

ガソリンスタンドで給油中を捉えたプロトタイプは、重いカモフラージュが施されていますが、新しい角張ったヘッドライト、トランクルームに伸びる水平型テールライトの一部などが見てとれます。

メルセデスベンツ Cクラス_001
メルセデスベンツ Cクラス 次期型プロトタイプ

次期型には、「Eクラス」と共有するFRプラットフォーム「MRA2」のアップデート版が採用され、ボディサイズはそのままにフットプリントが向上するとみられています。MRA2は従来と比べてわずかに軽量で、一部のコンポーネントは次世代のメルセデスベンツ「EQ」モデルに使用されるEVA(電気自働車アーキテクチャ)と共有しています。

パワートレインは、「EQ」ブーストを全モデルに搭載予定で、最高出力185psを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリン+マイルドハイブリッド、最高出力192psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ+マイルドハイブリッドがラインアップされます。

目玉は直列4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドで、現行『C350e』のEV走行28.6km、ライバルであるBMWのプラグインハイブリッド「330 e」のEV走行59kmを凌ぐ65kmから70kmを目指しているといいます。

キャビン内も完全に再設計されます。タブレットスタイルのタッチスクリーンは排除され、センターコンソールを統合、大型のインフォテイメントシステムが異配置される可能性があるようです。

ワールドプレミアは、2021年前半と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
日産 キャシュカイ_004
日産・新型キャシュカイ、スペックを先行発表! 欧州初の1.5リットル「e-Power」搭載へ
ポルシェ ケイマンGT4 RS_005
もう「プアマンズ911」とは言わせない! 究極のポルシェ・ケイマン「GT4 RS」市販型がニュルを疾走
プレミアムSUVの代名詞・レンジローバーの次期型はBMW製V8で豪雪を激走中
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事