ホイールに必ず付いているなぞの重りはなぜ必要なの?【タイヤ豆知識:ホイールウェイト】

■高速回転するタイヤはバランスが重要

タイヤが装着されたホイールを見ると、リム(ホイールの一番外側)や内側などに重りのようなものが取り付けられているのを見たことがあると思います。あの重りのようなものは何なのでしょうか? わざわざ軽量なホイールにしても付けているあれは必要なものなのでしょうか?

タイヤは回ることでその機能を発揮します。軽自動車サイズの場合、時速100km/hで走っているときのタイヤの回転数は約1000rpmにもなります。これだけ高回転で回るためにホイールには高いバランスが求められます。実際にはホイールとタイヤは組み合わせてセットで使われるので、ホイールにタイヤを組み込んだ際のバランスが大切になります。

タイヤ高速回転

ホイールに重さの不均衡があるのと同様に、タイヤにも重さの不均衡があります。それが打ち消されるようにタイヤを組むのですが、完全には消しきれません。重さが不均衡なまま走ると、振動がボディに伝わるなどの不具合が現れます。そこで、そのバランス取るために付けられるのがあれです。あれの名前は「バランスウエイト」というので、まさに重りなのです。バランスは縦方向に対するものと、横方向に対するものがあり、専用の計測機を使って計測し、バランスウエイトを装着します。一般的にスチールホイールはタイヤのリムに引っかけて打ち込むタイプ、アルミホイールは張り付けるタイプが使用されます。

バランスウエイト
左がスチールホイール用、右がアルミホイール用

タイヤは使っていると減ってきます。タイヤの減り方の均一ではないので、山が半分程度になるとホイールバランスがずれてくることがあります。タイヤがある程度減った状態で高速走行時に振動など発生した場合は、ホイールバランスを調整すると改善することもあります。また、振動が発生したときなどはバランスウエイトが外れた可能性もあります。とはいえ、世界には飛んでもない猛者どもがいるもので、WTCC(現WTCR)というカテゴリーのレース取材に行ったときは「あんなものはいらない」って言って、ノーホイールウエイトでレースを戦っていました。

バランスウエイト装着
ホイールに装着されたバランスウエイト
ホイールウェイト
アルミホイールなどの場合、ホイール内側に装着されることも

バランスウエイトは日本では鉛製が一般的ですが、欧州では酸性雨がバランスウエイトの鉛成分を溶かして環境内に入り混むということで禁止されています。日本でもショップよっては、鉛バランスウエイトの使用を取りやめていることがあります。

タイヤ交換作業
タイヤ交換時はバランス取りが大切

(文・諸星陽一)