クーペボディで大型化へ!? ホンダ・シャトル次期型のデザインを大予想

ホンダ シャトル次期型

■フィット新型に続いて1.5リットル直列4気筒+e:HEVハイブリッド搭載

ホンダのステーションワゴン「シャトル」次期型に関する情報を入手、その情報を元に予想CGを制作しました。

ホンダ シャトル次期型
ホンダ シャトル次期型 予想CG

シャトルは、5ナンバーボディの「フィット シャトル」後継モデルとして2015年に初代となる現行モデルが登場。「フィット」の名は外され、1モーターのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」が採用されました。

2019年には初の大幅改良を執行、LEDフォグを含むフロントバンパーやリアバンパーを一新、クロムメッキパーツが追加されています。そしていよいよ第2世代へバトンタッチされることになります。

ホンダ シャトル現行モデル
ホンダ シャトル現行モデル

次期型では、Aピラー&Cピラーを前後に伸ばし、よりワンモーションシルエットを強調、クーペ風デザインが有力です。サイドラインは、フロントからリアに躍動的に施されたデザインになり、エッジの効いた彫りの深い一本のラインによりシャープさと、リアのヒップアップが強調されます。

フロントマスクはグリルをアンダーまで伸ばし大型化されることで、押し出し感をアップ。ヘッドライトを取り巻く大型ブルーLEDとそれに合わせた切り立ったデザインのデフューザーがワイルド感を醸し出すと予想されます。

パワートレインの目玉は、1.5リットル直列4気筒+e:HEVハイブリッドです。これは新型「フィット」にも採用されている2モーター式のシステムで、より高い走行性能を実現します。おそらく、システム合計出力は150ps以上、燃費は1割程度伸びると予想されます。

安全装備では、アップデートされる「ホンダセンシング」を搭載、ボディ前後に搭載されるセンサーにより「衝突軽減ブレーキ」をはじめ、精度が高められた「誤発進制御機能」「後方誤発進制御機能」「路外逸脱制御機能」などを提供してくれるはずです。

シャトル次期型の発売は、2021年夏以降と予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
トヨタ 新型EV_002
これがトヨタ・スバル共同開発SUVなのか!? 次世代EVクロスオーバーSUV特許画像が流出
BMW M4_008
「ミニM8」が姿を現す。BMW M3の市販型プロトタイプをキャッチ
日産 マグナイト_002
日産「マグナイト」が7月16日に発表。アリアに続く新型車ラッシュ
キャディラック リリック_004
キャディラック初となるフルEV「リリック」が8月6日ワールドプレミアへ
アウディ GT_001
アウディの近未来グランドツアラーを大予想。レース仕様も公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事