「どうしてジャガーの最初のEVがSUVなの?」久保まい×ジャガーI-PACE【注目モデルでドライブデート!? Vol.23】

Sghr cafe Kujukuri

 ■彼女の「感性」を刺激するジャガー・I-PACE

I-PACE 久保まい
「このクルマ、静か!」

彼女をピックアップしたそのクルマは、まるで魔法の絨毯のように滑らかに走り始めた。

彼女:「このクルマ静かね」

クルマに乗り込んでほんのわずかな時間が過ぎた後、彼女はそこに気が付いた。

I-PACE 久保まい
ジャガーのEV
I-PACE 久保まい
魔法の絨毯

フリーランスで働いている彼女は、ときどきクルマに関する仕事もする。だから一般的な女性よりはクルマに詳しいし、乗り味にも敏感だ。だからこのクルマの静かさに気が付いたのは当然だとも思うけれど、同時にさすがだなとも思った。

ボク:「EV(電気自動車)でエンジンがついていないんだ。だからエンジンの音もしない。モーターの音はするけれど、モーターはエンジンよりも静かだからさ」

ボクはそう答えつつ、ジャガーI-PACE(アイ・ペイス)のモーターならではのスムーズな加速感を楽しみながらクルマを走らせた。ジャガーといえばイギリスのサルーン&スポーツメーカー。しかし、そんなジャガーも「100年にいちどの変革期」ともいわれる昨今の自動車産業の変化を受けて、大きく舵を切っている。

I-PACE 久保まい
贅沢なコンビシート
I-PACE 久保まい
実用的なリアシート

ひとつはSUVの投入だ。

このところ世界中でSUVブームが起きていて、プレミアムブランドの代表格であるメルセデス・ベンツ、BMW、そしてアウディはいずれもフルラインSUVメーカーとなっているし、ハイエンドブランドのロールスロイスやベントレー、そしてスーパーカーメーカーのランボルギーニまでSUVをラインナップする時代。

逆にセダン&スポーツカーは市場が縮小しているから、ジャガーがSUVに手を出すのは当然の成り行きかもしれない。

I-PACE 久保まい
メーター類は液晶に表示する
I-PACE 久保まい
航続可能距離を示す

もうひとつは「EV」の市販化だ。

個人的には、ジャガーはコンサバティブな会社だと思っていた。だってつい10年ほど前まで、フラッグシップセダンの「XJ」をあのクラシックなスタイルで売っていた会社である。そんな会社が、多くのライバルよりも先に電気自動車の市販化を手掛けたのだから意外だった。

そんなジャガーにおける市販第一号のEVがこのI-PACEというわけだ。

■ノスタルジィから離れれば

I-PACE 久保まい
EVに乗って、会話も弾む

彼女:「でも、どうしてジャガーの最初のEVがSUVなの?」

そんな彼女の素朴な疑問には言葉を詰まらせた。なぜなら、とても残念なことにボクはその質問に対する答えを持ち合わせていなかったからだ。

I-PACE 久保まい
千葉県九十九里にある「Sghr cafe Kujukuri」にて

ボク:「スポーツカーはまだまだガソリン臭いほうがいいと思っているからじゃないかな。実際の加速はEVでも相当速いけど、音とかフィーリングとか、それにエンジンの鼓動みたいな感覚はモーターでは再現できない。だから、そういったものが求められにくいSUVにしたと思うよ。」

Sghr cafe Kujukuri
ラグジュアリーとスポーティが同居する

もっともらしくそう答えてみたら、彼女は納得した様子だ。もっといえば床下にバッテリーを積むパッケージングでもプロポーションが破綻しにくいとか、最低地上高を確保しやすいとか、理論的な理由がいくつもあるに違いないけれど、スポーツカーにはやはり「感覚」が大切で、現時点ではそのあたりがまだEVには足りていないのは間違いない。

Sghr cafe Kujukuri
シフターの代わりにボタンが設けられる

もちろんスポーツカーにも楽しさや爽快感はあるんだけど、ガソリンエンジンの味わいにはまだ達していないとボクは思う。もしかすると、この変革期においてガソリンエンジンの味わいを求めるのは単なる郷愁なのかもしれないけれど。

Sghr cafe Kujukuri
先進のEV

彼女:「そんなこと言っても、こんなに静かで、振動もなくて、加速もだってスムーズ。私はEVのほうが好きだけどな」

そう言ってニッコリと微笑む彼女のほうが、ボクの何倍も感覚が前を向いているのだろう。もしかすると「過去を振り向かない、前向きな人」なのかも。

Sghr cafe Kujukuri
後姿で彼女もニッコリ

ところでこのI-PACEのモーターは最高出力200ps、最大トルク348Nm。それを前後それぞれ、合計2個積むからトータルでは400ps、696Nmとなる。高速道路の合流などでここぞとばかりにアクセルを全開してみたら……異次元にワープするかと思った。ノスタルジィなんていう人間的な気持ちを忘れてみれば、どう考えたって立派なスポーツカーだ。それにしても、速い。(後編へ続く)

Sghr cafe Kujukuri
「EV、好きかも」

(文:工藤貴宏/今回の“彼女”:久保まい/ヘア&メイク:牧 詠子/写真:ダン・アオキ)

『注目モデルでドライブデート』の最新記事
I-PACE 久保まい
「背の高いスポーツカーに乗っているような不思議な感覚」久保まい×ジャガーI-PACE【注目モデルでドライブデート!? Vol.24】
「スポーツカーは人生を楽しむためのアイテムだね!」ホンダS660 Modulo X【注目モデル「水瀬琴音」とドライブデート!? Vol.20】
水瀬琴音
「私ね、こういうクルマが好きだよ!」ホンダS660 Modulo X【注目モデル「水瀬琴音」とドライブデート!? Vol.19】
水瀬琴音とホンダNワゴン
嫉妬させる「軽」、ホンダ・N-WGN【注目モデル「水瀬琴音」とドライブデート!? Vol.18】
水瀬琴音とホンダNワゴン
しっかり守ってくれる「軽」、ホンダ・N-WGN【注目モデル「水瀬琴音」とドライブデート!? Vol.17】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事