ロレンソはやめへんで〜! MotoGP三冠のホルヘ・ロレンソがヤマハのテストライダーとして電撃復帰

■2019年で引退したばかりのロレンソがヤマハのMotoGPテストライダーに!

3月6日〜8日の開幕戦(カタールGP)を前にして、MotoGPのヤマハファクトリーチームが慌ただしくなってきました。以下の通り、立て続けに体制に関する発表を行ってきたのです。

・1月28日発表 マーベリック・ビニャーレス選手と2020年まで契約更新
・1月29日発表 ファビオ・クアルタラロ選手を2021年・2022年に新起用
・1月29日発表 バレンティーノ・ロッシ選手の2021年以降のレース活動を今シーズン半ばまでに決断

一番驚いたのは、現代のMotoGPを代表するレジェンド、ロッシが2020年限りでファクトリーチームを離脱するという発表です。では、ロッシの2021年はどうなるのでしょうか。サテライトチームからMotoGPに継続参戦する場合は、ヤマハがファクトリーマシンを提供することを公言しています。しかし、ロッシの成績が上がらず、本人がモチベーションをなくしてしまえば、今シーズン限りでの引退、という可能性もあります。ロッシ選手がどのような決断を下すのかは、7戦または8戦までの状況を見て判断するとのことです。

ロッシ
バレンティーノ・ロッシ
マーベリック・ビニャーレス
マーベリック・ビニャーレス

ロッシの将来を左右することになるのが、今シーズンのYZR-M1のポテンシャルです。2019シーズンは、ビニャーレスが2勝をマークするなど復調の兆しが見えていました。2020年用のYZR-M1がロッシ選手の期待に応えられるマシンであれば、きっと2021年以降も現役を続ける気になってくれるはずです。

YZR-M1
2019年仕様のYZR-M1

●YZR-M1を知り尽くした男の手腕に期待!ワイルドカード参戦もある!?

その鍵を握る男が、ヤマハ陣営に加わることとなりました。それが、かつてYZR-M1で3度のMotoGP王者となった経験を持つホルヘ・ロレンソです。1月30日にヤマハは、MotoGP開発プログラム強化のため、ロレンソをテストライダーに迎えることを発表しました。

ホルヘ・ロレンソ
2019年に引退発表したホルヘ・ロレンソ

ロレンソは2019年最終戦をもって引退したばかりですが、2月2〜4日にマレーシアで始まるMotoGPのシェイクダウンテストに早速参加。YZR-M1の開発に取り組むこととなります。

現時点でロレンソがワイルドカード参戦する予定はありませんが、本人が再びレース出場を決断した場合は、その可能性を残していると言います。ひょっとすると、ロレンソの電撃復帰もあり得るかも…!?

2020シーズンのMotoGPも面白くなりそうです!

(長野達郎)

『MotoGP』の最新記事
19motogpタイ ウイニングラン
マルケスがファイナルラップの最終コーナーで逆転!シリーズチャンピオンを決める。2019MotoGP第15戦・タイラウンド
早朝からスコールながら予選走行時はドライコンディションで終了。2019MotoGP第15戦・タイラウンド予選
空港の玄関に象
国を挙げてのサポートで大いに盛り上がる、2019MotoGP第15戦・タイラウンド
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事