早朝からスコールながら予選走行時はドライコンディションで終了。2019MotoGP第15戦・タイラウンド予選

●激しいスコールにもかかわらず、予選からサーキットは大盛況

2019年10月5日、2019MotoGP第15戦・タイラウンドの予選日。予選タイ東北部、ブリーラム県にあるチャーンインターナショナルサーキットは、朝から激しいスコールに見舞われました。

大雨となった予選日朝
サーキットに到着すると、駐車場は池のようになっていた

レース関係者やメディア関係者用に用意された、パドックにほど近いパーキング1は冠水状態。靴が濡れるのを嫌う関係者が靴を脱ぎ、裸足で水たまりのなかを歩いて行くような状態でした。

朝一番のスケジュールはディレイとなり、スケジュールは押し気味。果たして、無事に予選は行われるか? と思われましたが、昼前には雨は止み、日差しが戻ってきました。予選は淡々と進みましたが、メインストレート上で予定されていた民族舞踊やピットウォークのイベントはキャンセルとなりました。

裸足で歩く人々
あまりの水深の深さに靴を脱いで歩き出す関係者

そうしたなか、スケジュールはオンタイムに戻り、MotoGPクラスの予選が始まりました。予選セッションの最初におこなわれるフリープラクティス4でトップタイムとなったのはペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロ(フランス)、2位にレプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケス(スペイン)、3位にモンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレス(スペイン)という順位。LCRホンダ イデミツの中上貴晶は16位でした。

仮設スタンド
土曜日だというのに仮設スタンドはほぼ満席状態。人気のほどがうかがえる
ラーマ10世の看板
サーキットには今年即位したばかりのラーマ10世の巨大看板が掲げられている

MotoGPはフリープラクティス4の結果により上位10台が決勝グリッドの前方を決めるクォリファイ2に進出できる仕組みです。11位以下はクォリファイ1で順位を競います。クォリファイ1の1位と2位は敗者復活のようになりクォリファイ2に進出します。つまりクォリファイ2は合計12台で予選タイムを競います。

今回のクォリファイ2での上位3台は、フリープラクティス4のままで、ファビオ・クアルタラロ、マルク・マルケス、マーベリック・ビニャーレスの順。中上貴晶は順位を2つ上げ、14番手からのスタートとなります。

ファビオ・クアルタラロ
ポールポジションからスタートとなる、ファビオ・クアルタラロ
マルク・マルケス
2番手スタートとなるフマルク・マルケス
マーベリック・ビニャーレス
3番手スタートはマーベリック・ビニャーレス
中上貴晶
MotoGP唯一の日本人ライダー、中上貴晶は14番手からのスタートとなる

(諸星陽一・協力:タイ国政府観光庁)

『MotoGP』の最新記事
ホルヘ・ロレンソ
ロレンソはやめへんで〜! MotoGP三冠のホルヘ・ロレンソがヤマハのテストライダーとして電撃復帰
19motogpタイ ウイニングラン
マルケスがファイナルラップの最終コーナーで逆転!シリーズチャンピオンを決める。2019MotoGP第15戦・タイラウンド
空港の玄関に象
国を挙げてのサポートで大いに盛り上がる、2019MotoGP第15戦・タイラウンド
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事