国を挙げてのサポートで大いに盛り上がる、2019MotoGP第15戦・タイラウンド

空港の玄関に象

●街中がMotoGP一色! タイの文化に触れられるイベントも用意

昨年よりスケジュールに組み込まれたMotoGPのタイラウンドがいよいよ10月5日に開催される。

タイラウンドが行われるのはタイ東北部に位置するブリーラム県のチャーンインターナショナルサーキット。日本のスーパーGTのシリーズ戦が行われていることもあり、日本人にはなじみのあるサーキットだ。

サーキットで民族ダンス
サーキット内にはタイの文化を伝えるコーナーがある

スーパーGT開催時の盛り上がりはもちろんだが、motoGP ではそれを超える盛り上がり感がブリーラム県、そしてタイ国全体に広がっている。公式練習日に当たる10月4日にブリーラム空港に降り立つと、空港ロビーでは民族ダンスが披露され、ロビーを一歩出るとそこには2頭の象が待ち構えている。

この象、訪れた観光客相手に写真撮影に応じるためにいるのだが、なんと無料だ。商売のためではなく、観光客へのおもてなしとして用意されているというわけ。

motoGP看板
街のメインロータリーに設置された大看板
motoGP
街中にはさまざまな形でイベントやキャンペーンが行われている

町中にはさまざまなバナーやポスターが飾られ、街全体がMotoGPに染まっている。まるでル・マン24時間レースやマカオグランプリ、そしてF1日本グランプリの鈴鹿市のような雰囲気にあふれている。

空港ダンス
空港ロビーでおこなわれていたバンブーダンス
空港の玄関に象
空港を出ると、そこには象が鎮座。記念写真を撮るためだ

サーキット内ではレースに関係するもの以外に観光局がタイ東北部の伝統的な産業や文化などを紹介するコーナーも設けていて、さまざまなタイの側面を楽しめる。

このタイラウンドの次は日本のツインリンクもてぎで開催される日本グランプリが待っている。

東北部の精霊
タイ東北部では精霊が大切にされている
タイのおせんべい
おせんべいのようなお菓子を焼いている様子。2つの熊手を使ってひっくり返しながら焼く。日本では見かけない方法

(諸星陽一・協力:タイ国政府観光庁)

『MotoGP』の最新記事
ホルヘ・ロレンソ
ロレンソはやめへんで〜! MotoGP三冠のホルヘ・ロレンソがヤマハのテストライダーとして電撃復帰
19motogpタイ ウイニングラン
マルケスがファイナルラップの最終コーナーで逆転!シリーズチャンピオンを決める。2019MotoGP第15戦・タイラウンド
早朝からスコールながら予選走行時はドライコンディションで終了。2019MotoGP第15戦・タイラウンド予選
茂木 鮎 やな
【MotoGP日本グランプリ関連情報】あなたの写真が新しい「映えスポット」を生み出す!? 周辺4地域で撮った写真でフォトコンに応募
パレード 白バイ先導
【MotoGP日本グランプリ・プレ情報】1,000台のバイクが参加する日本最大級の公道パレードランの人気が上昇中。参加費は実質無料で記念品付き!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事