待望のフルチェンジを迎える新型「レオン」に、初のPHEVモデルが設定

■VWゴルフ新型と同じPHEVシステム搭載、EV走行は55kmに

VWグループ傘下であるセアトのハッチバック・新型「レオン」に、歴代初となるプラグインハイブリッドが設定されることが確定的となりました。

セアト レオンPHEV外観_002
セアト レオンPHEV 開発車両

レオンは1998年に初代が誕生、2005年には元アルファロメオのチーフデザイナーがデザインを手がけた2代目が発売、現行型である3代目は2012年から販売されており、いよいよフルモデルチェンジとなります。

セアト レオンPHEV外観_010
セアト レオンPHEV 開発車両

捉えたプロトタイプは、薄くシャープにつり上がるヘッドライトやスポーティな三角ライトが確認できます。さらにドアとボンネットには「ハイブリッド車」のイエローステッカーが貼られているのがわかります。

搭載されるPHEVシステムは新型ゴルフと同じシステムの可能性が高く、6速DSGと組み合わされる1.4リットルのターボチャージャー付きガソリンエンジン+電気モーターにより、最高出力201psを発揮、EV走行は34マイル(55km)と予想されています。

セアト レオンPHEV外観_001
セアト レオンPHEV 開発車両

高性能モデル「レオン CUPRA」(クプラ)でもPHEVが設定され、最高出力245psを発揮、0-100km/h加速は6秒半ばで、走り抜けます。そして頂点には「ゴルフR」から流用される2.0リットル直列4気筒ターボを搭載する「レオンクプラR」が君臨、最高出力は333psと噂されています。

レオンPHEVのワールドプレミアは、最速で3月のジュネーブモーターショーが予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
VW ポロGTI
VWポロ改良型の頂点「GTI」のデザイン先行公開!
フォード フィエスタ_005
ハイライディングもあるぞ! フォード フィエスタ改良型、フロントマスクが大変身
マセラティ グレカーレ_001
車内もチラっ! マセラティ新型コンパクトSUV「グレカーレ」、市販型を鮮明にキャッチ!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事